一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

チャオビフユエダシャクの謎

今冬は暖冬だそうで、春の訪れも早い様だ。
昨年なら3月初に出会ったチャオビフユエダシャクや、例年なら3月中旬に会うトギレエダシャクに、今年は2月末に出会うことが出来た。やはり、少し暖かい傾向がある様だ。
b0033112_22502740.jpg

◆チャオビフユエダシャク♂(2009/2 山梨)
西日本に分布するフユシャクだが、なぜか飛び地的に山梨の一部にも分布している。
不思議な存在だ。

→チャオビフユエダシャク2008:山梨で初の出会い/新産地発見

b0033112_22505534.jpg

◆トギレエダシャク♂(2009/2 神奈川)
フユが付かないフユシャクの一種。少し妙な和名だが、♀の翅が途切れた様になっているので付いたらしい。

b0033112_2240272.jpg

↑昨冬出会ったトギレエダシャク♀(2008年3月下旬・神奈川県)

→トギレエダシャク2008
→トギレエダシャク2007

→フユシャク図鑑

→ホームページ
[PR]
by issun_no_mushi | 2009-03-11 22:47 | 鱗翅目・蛾・冬尺