一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

ニホンセセリモドキ

昼行性の蛾であるニホンセセリモドキを探索しに真神ゆさん蛾LOVEさんと山梨に赴いた。

ニホンセセリモドキは、ミヤマセセリに似ている為に付けられた和名と思われるが、実はミヤマセセリの方がニホンセセリモドキを擬態(この場合はミューラー擬態)しているのではないかと、仲間内で想像している。
なぜなら、ミヤマセセリの幼虫は無毒のブナ科を喰うのに対し、ニホンセセリモドキの幼虫は(毒成分を含むと考えられる)クマツヅラ科を食す為だ。

擬態をするからには、擬態対象であるニホンセセリモドキがそこそこ多い環境があったと思われるが、今では数的に遥かに逆転していて、擬態の意味がなくなってきている様に感じる。
b0033112_21515368.jpg

b0033112_2153875.jpg

◆ニホンセセリモドキ♂(山梨3月中旬)
セセリモドキ科の昼行性の蛾。日本固有種。
♂は後肢のヘアペンシルからフェロモンを出して異性を誘う。
夏に羽化するにもかかわらず、成虫はほとんど活動せずに秋・冬を過ごし、翌年の早春に求愛・交尾・産卵を行う。

b0033112_21592371.jpg

↑ヨツボシセセリモドキ(過去画像から。八重山産)

b0033112_21545929.jpg

◆ミヤマセセリ♂(同上)
早春に現れるセセリチョウ。スプリングエフェメラルの1種。
ニホンセセリモドキとは擬態関係にあると思われる。

b0033112_21574755.jpg

b0033112_2158179.jpg

↑ミヤマセセリの幼虫と巣(過去画像から。神奈川産)

→セセリチョウ図鑑

ぜんぜん関係ないが、擬態(ミミック)つながりで・・・
久々、ミミックを見た。

ミミック [DVD]

東芝デジタルフロンティア


ⅡとⅢもあるが、蛇足と思った方がよさそう。

ミミックII [DVD]

パイオニアLDC


ミミックIII [DVD]

ハピネット・ピクチャーズ




→ホームページ
[PR]
by issun_no_mushi | 2010-03-31 22:00 | 鱗翅目・蛾