一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

春の大型蛾 イボタガ・エゾヨツメ

八重山報告を中断し、(もう半月前になるが)本州の地元フィールドのご紹介を。

この日、昼にアオバセセリ、アサギマダラ、ウスバシロチョウ等に会い、夜は久しぶりに地元の大型蛾に会って来た。
b0033112_2265689.jpg

b0033112_22265467.jpg

b0033112_22255365.jpg

◆イボタガ(山梨5月中)
久々見ると、やっぱり芸術的。
この和名は幼虫がイボタ等を喰うことから由来する。
b0033112_2271765.jpg

b0033112_2273566.jpg

b0033112_22263398.jpg

◆エゾヨツメ♂(山梨5月中)
もう時期的に遅いかと思ったが、この日は気温が低めの為か2頭出会えた。
唯一、春にだけ出現するヤママユ科。

b0033112_22314177.jpg

↑エゾヨツメ♀(長野6月初)
 クモマツマキを撮った下山時に道路上で発見。撮影後に安全地帯に逃がした。

b0033112_22272887.jpg

b0033112_2230956.jpg

↑アオバセセリ(東京5月中)

b0033112_22285616.jpg

b0033112_22291112.jpg

↑ウスバシロチョウ(同上)

b0033112_22304477.jpg

b0033112_22312912.jpg

↑アサギマダラ(同上)
アオバセセリもアサギマダラも、直前に八重山で会った種に地元で会えると妙な気がする。

→野蚕図鑑


→ホームページ
[PR]
by issun_no_mushi | 2010-06-03 22:33 | 鱗翅目・蛾・野蚕