一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

アケビコノハ・キマエコノハ

鱗翅目のヤガ(夜蛾:Noctuidae)科は蛾類の中でも圧倒的に種数が多く、1200種以上を含む。
その中のエグリバ(Calpinae)類は「抉り葉」の名が示す通り、枯葉に擬態した外見で、その巧妙さは、見れば見るほど驚嘆するばかりだ。
b0033112_2095263.jpg

b0033112_20101177.jpg

◆アケビコノハ(山梨10月)
大型の蛾。翅を閉じた姿はまさに枯葉の様な姿で、相手を驚かせる際には派手な後翅の目玉模様を見せる。

b0033112_20231015.jpg

↑アケビコノハ幼虫  目玉模様がユーモラス。


b0033112_20111320.jpg

b0033112_20114036.jpg

◆キマエコノハ(八重山5月)
大型の南方種。本州での記録は少ない。

b0033112_20204172.jpg

↑似たネーミングのムクゲコノハ。エグリバ類ではなく、シタバガ亜科(Catocalinae)。

b0033112_20383595.jpg

↑4月末に八重山で会ったシタベニコノハ。これもシタバガ亜科(Catocalinae)。

以下、過去画像からエグリバ類をラインナップ。
b0033112_20134587.jpg

↑アカエグリバ

b0033112_20155262.jpg

↑ヒメエグリバ
b0033112_20164851.jpg

↑ヒメエグリバ幼虫

b0033112_20183221.jpg

↑オオエグリバ

b0033112_20172085.jpg

↑キタエグリバ

b0033112_2018083.jpg

↑マダラエグリバ

b0033112_20325651.jpg

↑八重山で会ったミナミエグリバ

→ホームページ
[PR]
by issun_no_mushi | 2010-10-13 20:23 | 鱗翅目・蛾