一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

ウスバシロチョウ・アオスジアゲハ

春が進むと、アゲハチョウ科が姿を現す。
ウスバシロチョウ、アオスジアゲハをはじめ、ナミアゲハ、キアゲハ、クロアゲハ、オナガアゲハ、カラスアゲハ、ジャコウアゲハ、ホソオチョウ等を確認したが、滅多に静止せず、大人しく被写体になってくれない種が多い。
b0033112_20585996.jpg
b0033112_20592854.jpg

b0033112_210277.jpg

◆ウスバシロチョウ(東京5月)
シロチョウの名をもつがアゲハチョウ科。別名ウスバアゲハといい、その方がより正確なのだろうが、長年使われてきたウスバシロチョウという和名の方が通る。
派手な種が多いアゲハチョウ科らしからぬルックスが清楚だ。

日本には3種のパルナシウス(Parnassius:アゲハチョウ科ウスバアゲハ亜科ウスバアゲハ族ウスバアゲハ属)が棲息するが、この種は本州で会える唯一のパルナシウス。
他の2種(ヒメウスバシロチョウウスバキチョウ)はいずれも北海道特産種。

→ウスバシロチョウ2009
→ウスバシロチョウ2008
→ウスバシロチョウ2007
→ウスバシロチョウ2006
→ウスバシロチョウ2005

b0033112_2112261.jpg

b0033112_2121457.jpg

b0033112_2122819.jpg

◆アオスジアゲハ(神奈川5月)
素早く飛ぶアゲハチョウで、子供の頃は採集できずに悔しい
思いをしたものだ。暑い日の吸水中なら接近も容易だ。

b0033112_21175427.jpg

↑ナミアゲハ(神奈川4月)

b0033112_21183020.jpg

↑キアゲハ(山梨4月)

b0033112_21185610.jpg

↑ホソオチョウ♂(山梨4月)

b0033112_21194133.jpg

↑ホソオチョウ♀(山梨4月)

b0033112_21212869.jpg

↑ホソオチョウ交尾(山梨4月)


→ホームページ
[PR]
by issun_no_mushi | 2011-05-18 21:02 | 鱗翅目・蝶