一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

ヒメヤママユ・クスサン

前線が通過する度に涼しくなり、鳴く虫もセミ(半翅目)から直翅目にバトンタッチしつつある。

蝶の大物と言えばアゲハチョウ科だが、蛾の大物はヤママユガ科。
カイコ科に近い仲間で、カイコ同様に繭を利用してきたことから野蚕とも呼ぶ。
ちなみに、皇居でも天蚕(ヤママユ)を養蚕されています。
b0033112_2053764.jpg

b0033112_20533894.jpg

◆ヒメヤママユ♂(山梨9月)
ヤママユやクスサン等と比べ、ひと回り小さいが、色彩はやや派手系。
b0033112_22411930.jpg

↑ヒメヤママユ黒化型♂♀(埼玉10月)首周りの毛が黒く、翅の斑紋も濃くなる。
b0033112_22413222.jpg

↑ヒメヤママユ黒化型♀(埼玉10月)

b0033112_2319592.jpg

↑ヒメヤママユの発生ピーク(埼玉10月)


b0033112_2054174.jpg

b0033112_2055782.jpg

◆クスサン♀(同上)
前翅を下げて止まっている時に驚かせると、後翅の眼状紋を見せて威嚇する。

クスノキは樟脳の材料にもなるが、アオスジアゲハやクスサン(楠蚕)等、その葉を食べる連中もいる。

b0033112_23344082.jpg

↑クスサン交尾(同上)灰色の方が♂

b0033112_20555780.jpg

↑ヒメヤママユ♂とクスサン♀(同上)

b0033112_20575216.jpg

↑ヤママユ(同上)

b0033112_20584971.jpg

↑ヤママユ(中)とクスサン(上♀、下♂)(同上)

→野蚕図鑑

→ホームページ
[PR]
by issun_no_mushi | 2011-10-06 21:00 | 鱗翅目・蛾・野蚕