一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

迎春

b0033112_21405691.jpg

b0033112_21402428.jpg

旧年中は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願い致します。

干支を虫で表現するのは毎回悩みます(笑)
「辰」は架空の存在ですから、さらに難易度は高いです。

辰→龍(竜)→ドラゴン→dragonfly→トンボということで(笑)
今年はムカシヤンマ(Tanypteryx pryeri)としました。

ムカシヤンマ(蜻蛉目不均翅亜目ムカシヤンマ科ムカシヤンマ属)は原始的な特性を持つ日本固有種のトンボです。
本州は青森から九州は鹿児島まで分布が確認されているものの、その棲息ポイントはいずれも局所的で、現時点では、(トンボ王国なのにもかかわらず)四国と、千葉、長崎では見つかっていないとか(「日本産トンボ幼虫・成虫検索図説」第1版:東海大出版会)。
お近くの方は意識して探してみてはいかがでしょう(笑)

ムカシヤンマ科は日本ではこの1種だけですが、世界では5属9種(同書)で、豪州に棲息する種のテイオウムカシヤンマはトンボの中でも最大級のサイズ(wikipedia)とか。

「原始的」、「最大級」という響きは、まさに「ドラゴン=龍」に相応しいのではないでしょうか(笑)

私の印象では、あまり飛ぶのが得意ではなく、人懐こいのがドラゴンっぽくなかったですが(笑)

たかが虫、されど虫。
知れば知るほど興味は尽きません。

新年の皆様のご多幸と虫運を祈ります。

来年の干支はヘビトンボしか浮かばない(汗)

→ホームページ
[PR]
by issun_no_mushi | 2012-01-03 11:21 | 蜻蛉目(トンボ)