一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

アオムネスジタマムシ・ヨナグニアカアシカタゾウムシ

与那国は石垣島、西表島等と共通種の虫達が多く目に付くが、ヨナグニアカアシカタゾウムシ等の固有種も複数いる。
また、ヨナグニコアオハナムグリや、ヨナグニモリバッタ、ヨナグニキボシカミキリ等の与那国亜種も複数いる。

ヨナクニサン、シロミスジ等の鱗翅目は他の島でも迷蛾、迷蝶として見られるが、与那国では定着している。

与那国は日本最西端の地であり、台湾等に近いこともあって、迷蝶に会える機会も多いらしい。
今GW中、与那国には迷蝶専門?の蝶屋さんが複数訪れていたが、カバタテハ、ホリシャルリシジミ、ウスアオオナガウラナミシジミ、有尾ヒメウラナミシジミ、タイワンアサギマダラ等の迷蝶が、採集もしくは目撃されたらしい。

b0033112_22373266.jpg

b0033112_2322855.jpg

◆アオムネスジタマムシ(4月 与那国)
背から鞘羽にかけて、美しい金緑色の鱗粉に覆われているタマムシ。アヤムネスジタマムシに似る。
この個体は新鮮だったが、知らずに触って背部の鱗粉が落ちてしまった。
b0033112_22391350.jpg

b0033112_22505525.jpg

◆ヨナグニアカアシカタゾウムシ(同上)
見慣れないゾウムシだなと思って撮ったら、与那国の固有種だった。
与那国名産の長命草にも付いていた。長生きして欲しい(笑)

b0033112_23512238.jpg

↑ヨナグニコアオハナムグリ(オキナワコアオハナムグリ 与那国亜種)

b0033112_23593858.jpg

↑ヨナグニキボシカミキリ(キボシカミキリ 与那国亜種)

b0033112_05717.jpg

↑キムネカミキリモドキ

b0033112_23324513.jpg

↑ヨナグニウマ
与那国町の天然記念物。日本の在来馬8種の内の1種。2011年で約60頭とか。

b0033112_2337367.jpg

b0033112_23372159.jpg

↑ヨナグニシュウダ
シュウダの与那国亜種。「臭蛇」と書き、危険が迫ると悪臭を出す。毒蛇ではない。
成体の体長は2mを超す。画像の個体は車道上で日光浴をしていた。車内から撮影。

b0033112_22475087.jpg

↑日本最西端之地の碑

<参考サイト>
与那国島生物図鑑

→ホームページ
[PR]
by issun_no_mushi | 2012-05-16 22:41 | 鞘翅目(甲虫)