一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

ベニモンカラスシジミ・ニシキキンカメムシ

本州の未見蝶最後の種だったベニモンカラスシジミに会いに真神ゆさんと遠征した。
石灰岩質の崖好きの蝶の為、なかなか近くで見ることが難しい種だが、TODさん・AshさんDodo-boyさんのご協力を得て、なんとか観察することができ、心から御礼申し上げます。
b0033112_234252.jpg

b0033112_041429.jpg

◆ベニモンカラスシジミ♂(6月 広島)
比較的新しい1957年に発見されたカラスシジミの1種。
b0033112_032582.jpg

b0033112_043156.jpg

↑♀にも会う事ができ、撮影済の邦蝶は235種となった。

b0033112_045382.jpg

b0033112_051241.jpg

b0033112_052862.jpg

b0033112_054234.jpg

b0033112_06119.jpg

b0033112_061145.jpg

◆ニシキキンカメムシ(同上)
キンカメムシ科の中でも最も派手と思える種。
今回初の遭遇だったが、交尾、産卵含め10頭ほど出会えた。


→ホームページ
[PR]
by issun_no_mushi | 2012-06-07 00:06 | 鱗翅目・蝶