一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

ユキムカエフユシャク

ホワイトクリスマスに因んで(?)「雪迎え」という風流な和名を持つフユシャクを載せる。
フユシャク亜科Alsophila属のユキムカエフユシャクは、同属のシロオビフユシャクと混同されていたが、1989年に新種として分離した。

b0033112_2212268.jpg

b0033112_22141231.jpg

b0033112_22144648.jpg

b0033112_22151014.jpg

b0033112_22155271.jpg

◆ユキムカエフユシャク♂ (12月 埼玉)
山地性の種だが、埼玉の一部では平地に棲息する。ハンノキ属喰い。
ユキムカエフユシャクの方が翅が白っぽく、外横線の白帯がほとんど曲がらない。

b0033112_22161878.jpg

b0033112_2216585.jpg

b0033112_22172888.jpg

b0033112_22181843.jpg

b0033112_22214169.jpg

◆シロオビフユシャク♂ (同上)
日本全国。11~1月。広食性。外横線白帯が曲がる。

b0033112_22202746.jpg

↑シロオビフユシャク♂ (12月 山梨)
今年の出会い初めは例年より遅く、山梨県の高地で12/1だった。


→フユシャク図鑑

→ホームページ
[PR]
by issun_no_mushi | 2012-12-26 22:23 | 鱗翅目・蛾・冬尺