一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

チャバネフユエダシャク交尾・イチモジフユナミシャク交尾

フユシャクは冬が出現期とは言えど、氷点下ではほとんど姿を見かけず、風が穏やかで暖かめの夜なら、交尾ペアも多く観察が期待できる。
年末の観察では、環境がよかったのか、生涯初のチャバネフユエダシャク交尾に複数会えた。
発生時期が限られるフユシャクの観察は、やはり回数を重ねることが重要と痛感した。
b0033112_2239348.jpg

b0033112_22392727.jpg

b0033112_22394338.jpg

◆チャバネフユエダシャク交尾(2012/12月 神奈川)
雌雄の外見が似ても似つかず、同じ種類の雌雄と思えない。
b0033112_22404331.jpg

b0033112_22405140.jpg

b0033112_2241825.jpg

◆イチモジフユナミシャク交尾(2012/12月 埼玉)
♂の発生から1週間ほど遅れて、エメラルド色の翅を持つ♀が現れ、交尾が複数確認できた。


b0033112_22423325.jpg

b0033112_2243872.jpg

↑サザナミフユナミシャク交尾(2012/12月 埼玉)
同種の♀も交尾も生涯初の出会いだった。

b0033112_22455444.jpg

b0033112_2246646.jpg

↑クロオビフユナミシャク交尾(2012/12月 神奈川)
今年は交尾には会えないかと思っていたが、同種の末期ギリギリで会えた。

b0033112_22481737.jpg

↑ウスバフユシャク交尾(2012/12月 神奈川)
12~1月が旬


→フユシャク図鑑

→ホームページ
[PR]
by issun_no_mushi | 2013-01-09 22:50 | 鱗翅目・蛾・冬尺