一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

サザナミフユナミシャク

今季のフユシャクも折り返し地点に達した。
1月初旬までに、離島除く関東周辺で会えるフユシャク31種の内20種に再会した。
その内訳は、フユシャク亜科8種、ナミシャク亜科6種全種、エダシャク亜科6種。
再開できた20種の内、10種は交尾も確認できた。
残る11種の内、春までにあと何種に再会できるだろうか。
b0033112_22412755.jpg

b0033112_22423368.jpg

b0033112_22441097.jpg

◆サザナミフユナミシャク(Operophtera japonaria)♂ (12月 埼玉)
12月に短期間現れるナミシャク亜科の平地型フユシャク。ブナ科食い。
前翅の翅脈が一部黒く目立ち、山地型のミヤマフユナミシャクを連想させるが、翅の畳み方が独特。
埼玉のATSさんの地元に、真神ゆさんと共にお邪魔して、運良く羽化間もない2桁の♂に出会えた。
神奈川県では希少種扱いで、2006年に2頭会ったのが最後。もし神奈川県内で見かけたら、ご一報頂けると幸いです。
b0033112_2254832.jpg

b0033112_2256866.jpg

◆サザナミフユナミシャク(Operophtera japonaria)♀ (同上)
平地種であるにもかかわらず、これまで♀を未見だったが・・・
♂に出会えた翌週に、川北さん、真神ゆさんとリベンジを試み、ようやく、単独♀と交尾ペアに出会うことができた。
時期がやや重なるクロオビフユナミシャク♀に似ているが、本種の方が全体的に華奢で、前翅が細く、♂同様に前翅の翅脈に黒い「人」の字が目立つのが特徴。

b0033112_22552518.jpg

b0033112_23175162.jpg

↑交尾ペア(同上)
川北さんが地上約4mのクヌギの幹で登っている最中のペアを発見。神業(笑)で結合したまま手元に下した。
なお、同♀はなぜか同日フィールドにいなかったはずの蛾LOVEさんの標本箱に保管されている(笑)


→フユシャク図鑑

→ホームページ
[PR]
by issun_no_mushi | 2013-01-23 22:59 | 鱗翅目・蛾・冬尺