一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

トギレフユエダシャク

今冬は寒く、梅の開花すら遅れていると言われたが、年明けのフユシャクには出現の早い種もいた。
トギレフユエダシャクも平年(3月初~中)よりかなり早く、2月下旬には複数に出会えた。

本種は旧名トギレエダシャクと呼ばれ、フユシャクの仲間とされていながらも和名に「フユ」が付かなかったが、2009年にトギレフユエダシャクに改名された。

トギレの由来は、♀の翅が「途切れ」た様な形状であることなのは想像に難くない。
自分ならチギレ(千切れ:もぎとったように切れる意)と命名したかもしれない(笑)

b0033112_2132687.jpg

b0033112_2134822.jpg

◆トギレフユエダシャク♀(2月 埼玉)
エダシャク亜科のフユシャクの♀では翅が最大。
もちろん飛べない。北海道~九州に分布。広食性。

b0033112_214733.jpg

◆トギレフユエダシャク♂(同上)
♂はシロフフユエダシャク同様に濃淡に個体差があるが、この♂は樹皮擬態にぴったりだった。


→ホームページ
・フユシャク図鑑
・野蚕図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・セセリチョウ図鑑
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ

●twitter 
[PR]
by issun_no_mushi | 2013-03-13 21:05 | 鱗翅目・蛾・冬尺