一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

ゴイシシジミ・ミスジチョウ

6/4は「虫歯予防デー」だが、「虫の日」でもある。
ゴロ合わせだが、時期的にも梅雨なのでぴったりだ。
梅雨は雨が多くて散策し辛い時期だが、一気に多くの種類の虫が現れる。

今年は6月に入る前に関東甲信まで入梅宣言が出た。
宣言後、晴れ続きなのが皮肉だ。


b0033112_2271537.jpg

b0033112_2282994.jpg

b0033112_2285843.jpg

b0033112_2291568.jpg

◆ゴイシシジミ(5月 神奈川)
久しぶりにゴイシシジミに会った。県内での遭遇は初めてだ。
幼虫は笹や竹につくアブラムシを喰う。蝶の幼虫としては珍しい肉食性。
春型の為か大き目の個体だったので、ゴイシツバメシジミに比べてかなり大きく感じた。


b0033112_22102444.jpg

b0033112_2211597.jpg

b0033112_22112775.jpg

◆ミスジチョウ(同上)
ミスジチョウの仲間のネームシップ的な存在。
普通種だが最近はあまり多く見かけない。


比較の為、ミスジチョウの仲間を過去画像から列記

b0033112_22215573.jpg

b0033112_22242070.jpg

↑コミスジ  超普通種。

b0033112_22223828.jpg

b0033112_22225962.jpg

↑ホシミスジ  翅裏の黒点斑が和名の「星」の由来と思われる。

b0033112_22253828.jpg

b0033112_22262259.jpg

↑オオミスジ  前翅端の小さな白斑が特徴。この仲間で最も大きな種。

b0033112_22301753.jpg

↑フタスジチョウ

b0033112_22364598.jpg

b0033112_2237101.jpg

↑シロミスジ 与那国島に土着。西表島にも定着したらしい。

b0033112_22415081.jpg

b0033112_2243182.jpg

↑リュウキュウミスジ 沖縄県に分布。コミスジに似る。



→ホームページ
・フユシャク図鑑
・野蚕図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・変わり種クモ

●twitter
[PR]
by issun_no_mushi | 2013-06-05 22:44 | 鱗翅目・蝶