一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

コノハチョウ・イシガケチョウ

沖縄(6/14)、奄美(7/1)に続いて、7/6に関東甲信が梅雨明けしたらしい。
沖縄は平年差・昨年差共に9日早い梅雨明け。
奄美は平年差・昨年差共に2日遅い梅雨明け。
関東甲信は平年より15日早く、昨年より19日も早い梅雨明け。
そして、7/8には九州から東海までが一気に梅雨明けしてしまった。
週末はフィールドに出たいので梅雨明けは嬉しいが、水不足が心配。

沖縄ネタを続ける(笑)
未見蝶3種(オキナワカラスアゲハフタオチョウ、リュウキュウウラナミシジミ)に出会うまでに、これまで八重山で撮影した様々な蝶にも再会できた。アゲハチョウ類の一部を除けば、この時期の蝶は比較的鮮度も高かった。

特に南国の蝶の象徴と言えるのが、大型のコノハチョウや、シックなイシガケチョウ。
本土各地の蝶園でもラインナップされている人気の蝶だ。

b0033112_20442459.jpg

b0033112_20461640.jpg

b0033112_20481615.jpg

◆コノハチョウ♂(6月 沖縄)
沖縄県に分布する大型蝶。県指定天然記念物。準絶滅危惧種。もちろん採集禁止

b0033112_20491483.jpg

↑畳んだ時の枯葉擬態が圧巻。
枯葉擬態の蛾の横綱がアケビコノハなら、蝶の横綱はこのコノハチョウ。

b0033112_2174891.jpg

b0033112_2331135.jpg

↑(参考画像)アケビコノハ
 翅を開いた時の派手さではコノハチョウに負ける。

b0033112_2154311.jpg

↑コノハチョウの食餌キツネノマゴ科セイタカスズムシソウ。沖縄に分布。
 なぜか、ラン科にも同じ和名の植物がある様だが同名異種。


b0033112_2110345.jpg

b0033112_2111823.jpg

◆イシガケチョウ♂(同上)
本州南部にも進出しているが関東では会えない。
素晴らしい幾何学的な斑紋だが、一体何に擬態してるのだろう?

ずいぶん前、24時間テレビの黄色いTシャツにこのイシガケチョウがデザインされていたのを思い出す。
調べてみると、日本TV「24時間テレビ」第18回(1995年)だった様だ。

b0033112_21115340.jpg

b0033112_21125014.jpg

↑初めて幼虫にも出会えた。食餌はイヌビワ等。
ピエロの様な角の生えた頭部はユーモラスだが、これがどの様に擬態や防御になるのか、さっぱり判らない。

→ホームページ
・フユシャク図鑑
・野蚕図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・変わり種クモ

●twitter
[PR]
by issun_no_mushi | 2013-07-10 21:43 | 鱗翅目・蝶・八重山