一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

シロスジヒゲナガハナバチ?・ルリモンハナバチ

膜翅目(ハチ目)は種類も多く生態も様々で興味深い昆虫なのだが、あまり撮っていない。
被写体としては敏感で動きが早く、種によっては人間も攻撃する為、撮らないというより撮れない(笑)

おまけに手元の資料が乏しく同定が難しい。
撮れない上に同定も悩ましいとなると・・・今後もハチの画像は増えそうもない(笑)

b0033112_21241251.jpg

b0033112_21243125.jpg

◆シロスジヒゲナガハナバチ(Eucera spurcatipes)♀(?) (9月 神奈川)
外見からそう同定していたのだが・・・
正直言ってまったく自信がないので?を付けておく(笑)

手元の古い図鑑には標本写真しかなく情報も少ない為、ネット上を漁ると日本のヒゲナガハナバチは3種らしい。
いずれの種も本州から九州に分布する。
手元の図鑑ではミツバチ科だが、最近はコシブトハナバチ科になった様だ。

前翅の肘室が3室のTetralonia属
・ニッポンヒゲナガハナバチ(Tetralonia nipponensis)
・ミツクリヒゲナガハナバチ(Tetralonia mitsukurii)
肘室が2つのEucera属
・シロスジヒゲナガハナバチ(Eucera spurcatipes)
b0033112_2136264.jpg

画像の個体は肘室が2つなのでシロスジヒゲナガハナバチ。触角が短いので♀。これで同定完了と思ったら・・・
ミツクリヒゲナガハナバチは秋に出現するが、他の2種は春に出現とのこと。

肘室が2つで秋に出現するヒゲナガハナバチは存在しないことになる。
ミツクリヒゲナガハナバチや、近種のシロスジコシブトハナバチ、スジボソコシブトハナバチのネット画像も検討したが画像と同じ種とは思えない。

現時点では(間違って秋に出てきた)シロスジヒゲナガハナバチ♀と仮同定。
今後、新たな知見が得られたら修正するかもしれません(笑)

b0033112_2140536.jpg

b0033112_21403920.jpg

◆ルリモンハナバチ(Thyreus decorus) (9月 神奈川)
秋に現れるブルーが美しいハチ。本州から九州に分布する。
ケブカハナバチ類 Anthophora に寄生(スジボソフトハナバチに寄生と記した資料もあった)。
寄生する種は花粉を集める必要がないので毛が薄いとか。

最近会ったハチを列挙。

b0033112_2275128.jpg

↑モンスズメバチ(8月 神奈川)
b0033112_2152886.jpg

↑コガタスズメバチ(8月 神奈川)
b0033112_21534850.jpg

↑キイロスズメバチ(8月 神奈川)
b0033112_21434185.jpg

↑キボシアシナガバチ(8月 神奈川)
b0033112_2159189.jpg

↑キアシナガバチ(8月 神奈川)
b0033112_22225589.jpg

↑ムモンホソアシナガバチ(10月 山梨)
b0033112_2154439.jpg

↑クマバチ(8月 神奈川)
b0033112_21584553.jpg

↑ハラアカヤドリハキリバチ(8月 神奈川)
b0033112_21511488.jpg

↑キオビクモバチ(8月 神奈川)
b0033112_2293243.jpg

↑オオシロフベッコウ(9月 神奈川)
b0033112_226309.jpg

↑キオビツチバチ(9月 神奈川)
b0033112_2213183.jpg

↑オオモンツチバチ(9月 神奈川)
b0033112_22153841.jpg

↑アメバチモドキ sp.(10月 埼玉)
b0033112_22251871.jpg

↑アシブトコバチ sp.(10月 山梨)
b0033112_2231026.jpg

↑ルリチュウレンジバチ(8月 神奈川)


→ホームページ
・フユシャク図鑑
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
by issun_no_mushi | 2014-11-05 22:25 | 膜翅目(蜂)