一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

ゴイシシジミ ・ アカボシゴマダラ

関東圏は今春は積雪がなかった為か、 昆虫達の出現は早目に推移している。

関東まで入梅したが空梅雨傾向との声もある。
沖縄は早くも梅雨明けとか。さてこれからどうなることやら。

人間にとってじめじめは不快だが、虫達には乾燥より梅雨時が快適らしく、ゼフィルスをはじめ6月頃現れる虫も多い。
b0033112_2116281.jpg

b0033112_2117953.jpg

◆ゴイシシジミ(5月 神奈川)
北海道から九州に分布。今年は早目に出会えた。
何枚撮っても同じポーズになりがちだが、会えると嬉しい蝶だ。
ゴイシの名は見た通り、翅裏の斑紋から「碁石」となったのは想像に難くない。

幼虫はササにつくアブラムシを喰うので、鱗翅目としては珍しく肉食ということになる。
成虫はそのアブラムシが出す甘露を舐める。親子共々同じアブラムシに依存する。
その分、棲息地は移ろいがちで、昨年までいた棲息地で今年も会えるとは限らない。

b0033112_21175015.jpg

b0033112_21184450.jpg

b0033112_2119478.jpg

b0033112_21192719.jpg

◆アカボシゴマダラ春型(5月 神奈川)
日本在来種は奄美諸島のみに生息し、白化はしない。
本州で会える種は人為放蝶された大陸産であり、春型は白化する。
食樹の重なるゴマダラチョウ等の在来種への影響が心配だが、既に手遅れなほど拡散している。
この大陸産の拡散が、奄美諸島まで達しないことを祈るばかりだ。

b0033112_21411913.jpg

↑夏型(2014年7月 神奈川)


→ホームページ
・フユシャク図鑑
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
by issun_no_mushi | 2015-06-17 21:41 | 鱗翅目・蝶