一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

北海道の美蜘蛛キバナオニグモ

北海道遠征の続きはクモ目。
チョウを探しつつルッキングをしていると蜘蛛目も目につく。
クモは昆虫を捕食するばかりではなく、昆虫に捕食されることもあり、両者は切っても切れない間柄。
b0033112_22173779.jpg

b0033112_22182790.jpg

b0033112_22184670.jpg

b0033112_22191922.jpg

◆キバナオニグモ♀(7月 北海道 上3枚は千歳産、下1枚は帯広産)
北海道固有の大型の美麗種。生まれて初めて遭遇できた。
青森でも記録がある様だが、ほぼ北海道固有といって良さそうだ。
b0033112_22265397.jpg

b0033112_22294866.jpg

b0033112_22302847.jpg

↑千歳のキバナオニグモは、スジコガネが群れる草の葉に潜み、捕食し放題だった

b0033112_22204943.jpg

b0033112_22211571.jpg

b0033112_22214648.jpg

◆カバチコマチグモ♀(同上)
北海道~九州に分布。
日本在来の毒蜘蛛として有名だが、外来のゴケグモ系と違い毒性は弱いと言われている。
♀は画像の様にススキの葉を巻き、その中にこもって産卵する。
卵が孵化すると、子に身を与えて命を終える。
「子待ち」の名はその生態に由来すると思われる。
b0033112_22222493.jpg

↑複数の巣が集中していたススキ。カバキコマチグモの姉妹達だろうか。

以下、北海道で出会ったクモ達
b0033112_22313937.jpg

↑ニワオニグモ
b0033112_22331728.jpg

↑コシロカネグモ
近種のオオシロカネグモやチュウガタシロカネグモは北海道には分布しないので判断が楽w
b0033112_22372041.jpg

↑アシナガグモ
b0033112_2238146.jpg

↑アズマキシダグモ
b0033112_22385363.jpg

↑ハナグモ
b0033112_22395194.jpg

b0033112_22393844.jpg

↑コハナグモ
b0033112_2241097.jpg

↑シモフリミジングモ
b0033112_22415673.jpg

↑スジシャコグモ
b0033112_22433685.jpg

↑ヤマハリゲグモ
b0033112_22444690.jpg

↑ヒメグモの一種
b0033112_22452533.jpg

↑カニグモの一種
b0033112_22462754.jpg

↑ザトウムシの一種


→ホームページ
・フユシャク図鑑
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
by issun_no_mushi | 2015-09-30 22:47 | 蜘蛛綱(クモ、ダニ)