一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

オオカマキリ・ハラビロカマキリ

カマキリはカマキリ目の昆虫。
関東では年1化のポピュラーな虫でスポンジ状の卵鞘が特徴的。
今年はあまり出会いの機会がないまま晩秋を迎え、そろそろ産卵期。
母カマキリ達の無事な産卵を祈る。
b0033112_20501093.jpg

b0033112_21145060.jpg

b0033112_21182466.jpg

b0033112_21185267.jpg

◆オオカマキリ(9~10月 神奈川)
北海道~九州に分布。外見はチョウセンカマキリに似る。
b0033112_2120681.jpg

b0033112_21554590.jpg

↑後翅は、オオカマキリ(上)は紫褐色。チョウセンカマキリ(下)は透明。
b0033112_223054.jpg

b0033112_222579.jpg

↑前脚間の朱色は、オオカマキリ(上)は薄く、チョウセンカマキリ(下)は濃い。
b0033112_2121113.jpg

b0033112_21592752.jpg

↑卵鞘は、オオカマキリ(上)はマシュマロ状。チョウセンカマキリ(下)は細長い。
b0033112_2140642.jpg

b0033112_21403349.jpg

b0033112_2141134.jpg

b0033112_2142962.jpg

b0033112_21424879.jpg

↑オオカマキリ孵化(5月 神奈川)

b0033112_20492552.jpg

b0033112_21112384.jpg

b0033112_21122279.jpg

◆ハラビロカマキリ(9~10月 神奈川)
本州~沖縄に分布。前翅中央部にある白点が特徴。
b0033112_2255735.jpg

↑稀に茶色の個体もいる。
b0033112_21133123.jpg

↑ハラビロカマキリ卵鞘(10月 神奈川)
b0033112_21224119.jpg

↑コカマキリ(9月 神奈川)
b0033112_2273759.jpg

↑稀に緑の個体もいる。


→ホームページ
・フユシャク図鑑
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
by issun_no_mushi | 2015-11-18 21:47 | 網翅目(カマキリ)