一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

冬の蝶

今冬は暖冬傾向という。
たしかに虫を観察していると冬の始まりが緩やかだった気もする。
しかし、暖冬になると春先に大雪になりがちなので、あまり嬉しくない。

冬でも、晴れた日に散策していると、陽だまりで日光浴する蝶を見かける。
彼らは一見弱々しく見えるが、成虫越冬する。

蝶は、その大きな翅が熱吸収のソーラーパネルになる反面、ラジエーター(放熱器)にもなるので、体温を奪われそうに見える。 しかし、意外と寒さに強い種が多い。

これから本格的に寒くなる。無事な越冬を祈る。

b0033112_1395085.jpg

b0033112_1402841.jpg

b0033112_1405119.jpg

◆ムラサキシジミ♀(12月 神奈川)
東北を除く本州~沖縄に分布。ブナ科。成虫で越冬する。
b0033112_141299.jpg

b0033112_1415095.jpg

b0033112_1422694.jpg

◆キタキチョウ(12月 神奈川)
本州~沖縄に分布。マメ科。成虫で越冬する。

b0033112_1431711.jpg

↑ウラギンシジミ♀(11月 神奈川)
本種も成虫越冬。本州~沖縄。クズ、フジ等のマメ科。

b0033112_1543845.jpg

↑クロコノマチョウ(11月 神奈川)
本種も成虫越冬。関東~九州。ジュズダマ等のイネ科。

以下は成虫越冬する種ではないが、今年は遅くまで見られた。
b0033112_1445040.jpg

↑ヤマトシジミ(12月 神奈川)
幼虫越冬。カタバミ。本州~沖縄。
b0033112_1501766.jpg

↑ベニシジミ(11月末 神奈川)
幼虫越冬。ギシギシ、スイバなど。北海道~九州。
b0033112_1512278.jpg

↑ツマグロヒョウモン♀(11月末 神奈川)
主に幼虫越冬。スミレ類。本州~沖縄。
b0033112_1563477.jpg

↑アキアカネ♂(12月 神奈川)
卵越冬。北海道~九州。観察地では今回の12/12が私的最遅記録。


→ホームページ
・フユシャク図鑑
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
by issun_no_mushi | 2015-12-23 02:14 | 鱗翅目・蛾