一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

ウスバフユシャク

フユシャク 35種を構成する3亜科の内、フユシャク亜種は14種。
その内の9種を占める Inurois属はまさにフユシャク中のフユシャクと言える。
その中でも代表的な種と言えば、北海道から九州まで分布する超普通種のウスバフユシャク。
b0033112_22335904.jpg
b0033112_22363910.jpg
b0033112_22363613.jpg
b0033112_22363237.jpg
b0033112_22361248.jpg
◆ウスバフユシャク交尾(12月埼玉)
全て別なペア。♀が♂を引っ張って歩く。
フユシャク亜科の♀は翅が全く無く、太い胴体は卵でいっぱい。
b0033112_22343963.jpg
b0033112_22354765.jpg
b0033112_22354473.jpg
◆ウスバフユシャク♂(12月埼玉)
北海道~九州に分布。11~1月頃に発生。広食性。
羽の濃さは多様。前翅の点が薄い個体もいる。
b0033112_22373283.jpg
b0033112_22373521.jpg
↑♂だけに見えても・・・実は交尾中の可能性もある。
b0033112_22355130.jpg
↑羽化不全の個体も時々見かける。フユシャク亜科は翅が薄いので羽化が難しいのだろうか。
フユシャクの♀は翅が無いので、羽化不全で飛べない♂にも交尾のチャンスが無い訳ではないが、かなり難しいだろう。


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑
・カノコガ図鑑

・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑
・ツノトンボ図鑑

・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook

[PR]
by issun_no_mushi | 2017-02-08 22:58 | 鱗翅目・蛾・冬尺