一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

ヒロバフユエダシャク・シロフフユエダシャク

厳冬期が終わり、エダシャク亜科のフユシャクが出現してきた。
早春型フユシャク類のカウントダウンが始まると春は近い。
b0033112_23222252.jpg
b0033112_23222917.jpg
◆ヒロバフユエダシャク♂(2月神奈川)
本州、九州に分布。2~3月頃に出現。食餌はカバノキ科、ブナ科、バラ科。
四国で確認されていない。不思議だ。
翅の色や斑紋にはあまり個体差は見かけないので、何頭か撮っていると飽きてくるw
b0033112_23231793.jpg
b0033112_23240064.jpg
◆シロフフユエダシャク♂(2月神奈川)
北海道~九州の平地に分布。1~2月頃。食餌はブナ科。翅は濃い個体から白っぽい個体まで様々。
画像の個体は羽化不全。
本種の場合、片方の前翅が完全に欠けているなど、極端な羽化不全をよく見る。
翅の付け根の構造が華奢なのだろうか。
b0033112_23370070.jpg
↑左翅が前後翅共に欠けた個体(過去画像)
 生きていたが飛べるわけもなく、バランスが取れない為、歩行もおぼつかなかった。


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ
●Twitter
●Facebook
[PR]
by issun_no_mushi | 2017-03-01 23:43 | 鱗翅目・蛾・冬尺