一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

サラサリンガ・キマダラコヤガ

「残り香」という言葉があるが・・・早朝の灯火では「残り蛾」が狙える。

最近の灯火はLED率が増えている為、灯火で命を失う虫が減り、かつ、省エネ的にも良いことなのだろうが・・・
昆虫観察の機会が減る一方で寂しい。
今回の遠征でも有力な灯火がなくなっていた。
b0033112_14455893.jpg
b0033112_14460100.jpg
b0033112_14460385.jpg
◆サラサリンガ(7月静岡)
 本州から九州に分布。初夏に現れる。 幼虫の食餌はブナ科。
b0033112_14461292.jpg
b0033112_14461964.jpg
◆キマダラコヤガ(7月山梨)
 北海道から九州に分布。夏に現れる草原性の蛾。幼虫の食餌はヒルガオ科らしい。

以下、今回の遠征で会えた蛾達を(同定が微妙な種も含みますのでご注意下さいw)
b0033112_14480419.jpg
↑ヒロオビトンボエダシャク
b0033112_14480803.jpg
↑フトフタオビエダシャク
b0033112_14482569.jpg
↑キオビエダシャク
b0033112_14481294.jpg
↑ハスオビカバエダシャク
b0033112_14483686.jpg
↑オオハガタナミシャク
b0033112_14485298.jpg
↑ウスアオシャク
b0033112_14522907.jpg
↑ツマトビシロエダシャク
b0033112_14532018.jpg
↑ツメクサガ
b0033112_14553140.jpg
↑ギンモンスズメモドキ
b0033112_14564273.jpg
↑モンクロシャチホコ
b0033112_14565885.jpg
b0033112_14570496.jpg
↑ツマキシャチホコ
b0033112_15071578.jpg
↑シロシャチホコ
b0033112_15080183.jpg
↑アオバシャチホコ
b0033112_14584300.jpg
↑アオスジアオリンガ
b0033112_14590000.jpg
↑クロオビリンガ
b0033112_14595687.jpg
↑シロシタホタルガ
b0033112_14594408.jpg
↑ルリハダホソクロバ
b0033112_15015509.jpg
↑ホシベニシタヒトリ(訂正済)
b0033112_15021204.jpg
↑シロヒトリ
b0033112_15023117.jpg
↑ゴマダラベニコケガ
b0033112_15023596.jpg
↑ヒメキホソバ
b0033112_15040079.jpg
↑ハラアカマイマイ♀
b0033112_15042935.jpg
↑ウチジロマイマイ♀
b0033112_15050806.jpg
↑ナシイラガ
b0033112_15084530.jpg
↑ヒメハイイロカギバ
b0033112_15092100.jpg
↑ホソオビヒゲナガ♀
b0033112_15095828.jpg
↑オビカレハ♂
b0033112_15103017.jpg
↑クヌギカレハ幼虫
b0033112_15110926.jpg
↑クワゴ幼虫
 カイコの原種
b0033112_15113903.jpg
↑オオアトキハマキ
b0033112_15120550.jpg
↑オオボシオオスガ
b0033112_15123998.jpg
↑シロテンキノメイガ
b0033112_15131001.jpg
↑ゼニガサミズメイガ
b0033112_15153882.jpg
↑ミカドマダラメイガ


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ
●Twitter
●Facebook
[PR]
by issun_no_mushi | 2017-07-22 15:17 | 鱗翅目・蛾