一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

クロシジミ・ミヤマカラスシジミ

神奈川では会えない蝶に会いに昆虫写真家Oさんと遠征。
早朝の残り蛾を撮影した後、ほぼ例年通りの時期と場所でクロシジミとミヤマカラスシジミの生存を確認できた。
b0033112_22504566.jpg
◆クロシジミ(7月 静岡)
 全国的なレッドデータ種。画像は♀。
b0033112_22510698.jpg
b0033112_22511033.jpg
↑翅表は黒色というより焦茶色っぽい
b0033112_22522717.jpg
b0033112_22523047.jpg
↑産卵シーンにも立ち会えた。クロオオアリが寄って来ている。
 クロシジミの幼虫は甘い蜜を分泌する為、孵化した後にクロオオアリの巣に運ばれて蟻に給餌される。
 また、クロシジミは幼虫から蛹の期間は蟻の臭いを出し、襲われずに蟻の巣に留まることができるが、
 羽化した時は蟻の巣から慌てて逃げる必要がある。

b0033112_23070427.jpg
b0033112_23080434.jpg
b0033112_23081110.jpg
◆ミヤマカラスシジミ(7月 山梨)
 画像はテリトリを見張る迎撃体制の♂。全て別個体。
 幼虫の食餌はクロウメモドキ科。
b0033112_23080092.jpg
↑サンショウの花を吸蜜する♂
b0033112_23072408.jpg
↑早朝、朝露に濡れている♀
b0033112_23073059.jpg
↑♂が何頭も空中で巴戦をしている間、♀は日陰でマッタリしていた


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ
●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2017-08-06 23:14 | 鱗翅目・蝶

外来種 ホソオチョウ

韓国産のチョウなので、日本では外来種。
人為的に日本の各地に放蝶されたものが定着しているらしい。

普段は見かけない蝶に会うと、普通ならトキメキを感じるのものだが・・・
アカボシゴマダラといい、本種といい、何度見ても違和感を禁じ得ない。
蝶には罪な無いのだが・・・

山梨の有名なポイントを久々覗いてみたが、炎天下に白い♂が、♀を探してフワフワと飛んでいた。
ウスバシロチョウの様に優雅に飛ぶ姿は、共に毒草喰い種である共通点か。
b0033112_02251822.jpg
b0033112_02252231.jpg
b0033112_02253013.jpg
◆ホソオチョウ♂(7月 山梨)
成虫は4~10月頃に現れる。♂は白地でフワフワとよく飛ぶ。
b0033112_02265875.jpg
b0033112_02271079.jpg
◆ホソオチョウ♀(同上)
♀はギフチョウを思わせるクリーム色地。♀はあまり飛ばない。
ボロの個体しか、被写体になってくれなかった。
b0033112_02271816.jpg
↑幼虫の食餌はウマノスズクサ(同上)
b0033112_02280821.jpg
↑ジャコウアゲハ♀(同上)
 同じポイントでは、同じくウマノスズクサを食餌とすジャコウアゲハ♀も産卵場所を探して飛び回っていた


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2017-07-29 02:36 | 鱗翅目・蝶

サラサリンガ・キマダラコヤガ

「残り香」という言葉があるが・・・早朝の灯火では「残り蛾」が狙える。

最近の灯火はLED率が増えている為、灯火で命を失う虫が減り、かつ、省エネ的にも良いことなのだろうが・・・
昆虫観察の機会が減る一方で寂しい。
今回の遠征でも有力な灯火がなくなっていた。
b0033112_14455893.jpg
b0033112_14460100.jpg
b0033112_14460385.jpg
◆サラサリンガ(7月静岡)
 本州から九州に分布。初夏に現れる。 幼虫の食餌はブナ科。
b0033112_14461292.jpg
b0033112_14461964.jpg
◆キマダラコヤガ(7月山梨)
 北海道から九州に分布。夏に現れる草原性の蛾。幼虫の食餌はヒルガオ科らしい。

以下、今回の遠征で会えた蛾達を(同定が微妙な種も含みますのでご注意下さいw)
b0033112_14480419.jpg
↑ヒロオビトンボエダシャク
b0033112_14480803.jpg
↑フトフタオビエダシャク
b0033112_14482569.jpg
↑キオビエダシャク
b0033112_14481294.jpg
↑ハスオビカバエダシャク
b0033112_14483686.jpg
↑オオハガタナミシャク
b0033112_14485298.jpg
↑ウスアオシャク
b0033112_14522907.jpg
↑ツマトビシロエダシャク
b0033112_14532018.jpg
↑ツメクサガ
b0033112_14553140.jpg
↑ギンモンスズメモドキ
b0033112_14564273.jpg
↑モンクロシャチホコ
b0033112_14565885.jpg
b0033112_14570496.jpg
↑ツマキシャチホコ
b0033112_15071578.jpg
↑シロシャチホコ
b0033112_15080183.jpg
↑アオバシャチホコ
b0033112_14584300.jpg
↑アオスジアオリンガ
b0033112_14590000.jpg
↑クロオビリンガ
b0033112_14595687.jpg
↑シロシタホタルガ
b0033112_14594408.jpg
↑ルリハダホソクロバ
b0033112_15015509.jpg
↑ホシベニシタヒトリ(訂正済)
b0033112_15021204.jpg
↑シロヒトリ
b0033112_15023117.jpg
↑ゴマダラベニコケガ
b0033112_15023596.jpg
↑ヒメキホソバ
b0033112_15040079.jpg
↑ハラアカマイマイ♀
b0033112_15042935.jpg
↑ウチジロマイマイ♀
b0033112_15050806.jpg
↑ナシイラガ
b0033112_15084530.jpg
↑ヒメハイイロカギバ
b0033112_15092100.jpg
↑ホソオビヒゲナガ♀
b0033112_15095828.jpg
↑オビカレハ♂
b0033112_15103017.jpg
↑クヌギカレハ幼虫
b0033112_15110926.jpg
↑クワゴ幼虫
 カイコの原種
b0033112_15113903.jpg
↑オオアトキハマキ
b0033112_15120550.jpg
↑オオボシオオスガ
b0033112_15123998.jpg
↑シロテンキノメイガ
b0033112_15131001.jpg
↑ゼニガサミズメイガ
b0033112_15153882.jpg
↑ミカドマダラメイガ


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ
●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2017-07-22 15:17 | 鱗翅目・蛾

トホシテントウ・ルイヨウマダラテントウ東京西郊型

拙サイトは開設から16年を迎えました。
ご覧頂いた方に改めてお礼申し上げます。

テントウムシは肉食種が多いが草食種もいる。
マダラテントウ類は肉食が草食へ転向したという説もある。
b0033112_20592221.jpg
b0033112_20593697.jpg
b0033112_20593966.jpg
◆トホシテントウ(6月神奈川)
食餌はカラスウリ等の葉。
b0033112_21045261.jpg
↑幼虫で越冬する(過去画像)
b0033112_21003760.jpg
b0033112_21004072.jpg
◆ルイヨウマダラテントウ東京西郊型(6月神奈川)
オオニジュウヤホシテントウに似るが、この付近で見られるのはルイヨウマダラテントウと思う。
b0033112_21161345.jpg
↑幼虫(過去画像)


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ
●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2017-07-19 21:17 | 鞘翅目(甲虫)

キマダラセセリ・イチモンジセセリ

セセリチョウの種類も増え、キマダラセセリが出てきた。
セセリ・フェチには嬉しい。
セセリチョウは地味だが、つぶらな黒い眼と仕草が可愛い。
b0033112_21023030.jpg
b0033112_21024111.jpg
b0033112_21023683.jpg
b0033112_21050953.jpg
◆キマダラセセリ(6月 神奈川)
関東付近で見られるセセリチョウとしては派手な種。
b0033112_21100147.jpg
b0033112_21095734.jpg
b0033112_21092406.jpg
◆イチモンジセセリ(6月 神奈川)
超普通種のセセリチョウだが、最近はまとめて多数見かけることは少ない。


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ
●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2017-07-12 21:16 | 鱗翅目・蝶

ラミーカミキリ・リンゴカミキリ

初夏になって甲虫類も多く出てきた。
b0033112_21332829.jpg
b0033112_21340040.jpg
b0033112_21353069.jpg
b0033112_21355589.jpg
◆ラミーカミキリ(6月 神奈川)
関東以西に分布。5~6月頃に発生。大陸からの移入種。食餌はイラクサ科。
ラミーカミキリは大陸から移入した種で、徐々に北上している。
「ラミー」はイラクサ科の植物名。
b0033112_21314582.jpg
b0033112_21320961.jpg
b0033112_21321446.jpg
◆リンゴカミキリsp.(6月 神奈川)
全て別個体。似た仲間が多数いるが、外見での同定は困難。
食餌はサクラ等。よく飛ぶ。

→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑

・Biston属

・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス

・アゲハチョウ科

・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ

・スズメバチ

・変わり種クモ
●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2017-07-05 21:37 | 鞘翅目(甲虫)

ウシカメムシ産卵・ハサミカメムシ♂

初夏になってカメムシ類も姿が増えてきた。
ウシカメムシはクズの葉の裏側に産卵していた。
樹性のカメムシと思うので意外だった。
b0033112_21441483.jpg
b0033112_21443396.jpg
◆ウシカメムシ産卵(6月 神奈川)
本州~沖縄に分布。産卵は初見。
冬にも成虫を見るので成虫越冬と思う。
b0033112_21461383.jpg
b0033112_21461787.jpg
↑産卵から1週間後
黒いのは寄生された?
b0033112_21471621.jpg
b0033112_21475344.jpg
◆ハサミツノカメムシ♂(6月 神奈川)
北海道~九州に分布。ツノカメムシ科
尾部のハサミ状の突起は♂の特徴。

以下、今春から初夏に会えたカメムシ達を。
b0033112_21492222.jpg
↑アカスジカスミガメ(6月 神奈川)
b0033112_21564882.jpg
↑ホシハラビロヘリカメムシ(5月 神奈川)
b0033112_21565273.jpg
↑ホソヘリカメムシ(6月 神奈川)
b0033112_22000293.jpg
↑ミナミトゲヘリカメムシ(5月 神奈川)
b0033112_22083820.jpg
↑キバラヘリカメムシ(6月 神奈川)
b0033112_22065070.jpg
↑ホウズキカメムシ(4月 神奈川)
b0033112_21565700.jpg
↑マルカメムシ(5月 神奈川)
b0033112_21491510.jpg
↑ナガメ 5齢幼虫(6月 神奈川)
b0033112_21492659.jpg
↑クサギカメムシ 2齢幼虫(6月 神奈川)
b0033112_22040917.jpg
↑ナカボシカメムシ(4月 山梨)
b0033112_22042317.jpg
↑ヨツボシカメムシ(4月 山梨)
b0033112_21495884.jpg
↑メダカナガカメムシ 交尾(6月 神奈川)
b0033112_21563493.jpg
↑エサキモンキツノカメムシ 交尾(5月 神奈川)


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ
●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2017-06-25 22:10 | 半翅目(蝉・亀虫)

マドガ・カノコガ

蝶は昼に活動し、 蛾は夜に活動する・・・というのは偏見。
先日掲載したイカリモンガも含め、昼に活動する蛾もいる。
彼らは灯火では見たことがない。
b0033112_21532026.jpg
b0033112_21582942.jpg
b0033112_21590182.jpg
◆マドガ(5月 神奈川)
北海道~九州に分布。マドガ科マドガ亜科。
食餌はボタンズル。日本固有種。
和名の由来は、翅の白い部分から「窓蛾」となったらしい。
b0033112_21595764.jpg
b0033112_22001319.jpg
b0033112_22004183.jpg
◆カノコガ(6月 神奈川)
北海道~九州に分布。ヒトリガ科カノコガ亜科
和名の由来は「鹿の子」模様らしい。
b0033112_22101122.jpg
b0033112_22093128.jpg
↑カノコガ幼虫(過去画像)
食餌はシロツメグサ等の草本らしい。
実際にシロツメグサの枯れた花を喰っている幼虫を見たことがある。


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ
●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2017-06-18 22:11 | 鱗翅目・蛾

コジャノメ・ヒメジャノメ

関東も入梅した。
雨と言えば傘。
傘と言えば蛇の目。
蛇の目と言えば・・・ コジャノメとヒメジャノメに出会えた。
b0033112_19241823.jpg
b0033112_19242305.jpg
b0033112_19242774.jpg
◆コジャノメ♂(5月 神奈川)
本州~九州に分布。年数化。 食餌はイネ科。
b0033112_19254744.jpg
b0033112_19255046.jpg
◆ヒメジャノメ♀(6月 神奈川)
北海道~九州に分布。年数化。 食餌はイネ科、カヤツリグサ科。
b0033112_19295010.jpg
↑ヒメジャノメ♂
b0033112_19260307.jpg
↑ヒメジャノメ求愛(右が♂)
b0033112_19324447.jpg
b0033112_19322608.jpg
b0033112_19322249.jpg
↑ヒメウラナミジャノメ(4月 神奈川)


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ
●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2017-06-11 19:35 | 鱗翅目・蝶

ウラナミアカシジミ・アカシジミ

6/4は「虫の日」。入梅も近い。

年に1度、この時期にだけ現れる「ゼフィルス」と呼ばれるシジミチョウの仲間がいる。
ゼフィルス(zephyrus)とは、ギリシャ神話の「西風の妖精」の意味であり、
シジミチョウ科・ミドリシジミ亜科・ミドリシジミ族・ミドリシジミ属の仲間を現わす。

年1化で、主に梅雨時前後の6~7月頃に発生する。
シジミチョウの中でも比較的大型で、かつ♂の翅表に光沢鱗粉を持つ種も多く人気が高い。
後翅に尾状突起をもつ種が多く、これが触角を模して頭部を擬態している。
b0033112_22173675.jpg
b0033112_22181538.jpg
b0033112_22182110.jpg
◆ウラナミアカシジミ(6月 神奈川)
北海道・本州・四国に分布。年1化。幼虫の食餌はブナ科。
b0033112_22131224.jpg
b0033112_22140918.jpg
b0033112_22135994.jpg
◆アカシジミ(同上)
北海道~九州に分布。年1化。幼虫の食餌はブナ科。
b0033112_22160724.jpg
b0033112_22154964.jpg
b0033112_22155306.jpg
↑ミズイロオナガシジミ(同上)
北海道~九州に分布。年1化。幼虫の食餌はブナ科。


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ
●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2017-06-04 22:20 | 鱗翅目・蝶