一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

ヤマトシジミ

平日はよく晴れるのに、週末毎に天候が悪く、今年は秋のフィールドワークはほぼ無し。
自然相手なので仕方がないが、こう連続するとモチベーションが下がる。

b0033112_21421459.jpg

◆ヤマトシジミ♀寒冷型(10月神奈川)
関東圏では超がつく普通種で、我猫額庭にも棲息している。もう寒冷型が出てきた。

b0033112_21432713.jpg

b0033112_2146256.jpg

↑同日同地で会った通常の♀
 鳥などの天敵についばまれた跡(ビークマーク)付き。危機を逃げ切ったラッキーな個体。

b0033112_21424494.jpg

↑♂

b0033112_21471997.jpg

◆ヤマトシジミ求愛(同上)
秋も深くなり、♂達は求愛に必死だが、♀はつれなく、不成立だった。


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2016-11-03 21:49 | 鱗翅目・蝶

エントモファガ・グリリ

昆虫病原糸状菌(エントモファガ・グリリ)に侵されたバッタの死骸を見かけるのは夏から秋が多い。

この菌はバッタ類に寄生し、寄生されたホストが死ぬ前に、高い所に登らせて、胞子を出来るだけ遠くに飛ばそうとすると言われている。

ショウリョウバッタやナキイナゴ、フキバッタ類のホスト例をよく見かけるが、これまでトノサマバッタやツチイナゴ、イナゴ類、オンブバッタのホスト例は見たことがない。
偶然だろうか?
b0033112_23205943.jpg

b0033112_23213513.jpg

b0033112_23215038.jpg

b0033112_23225512.jpg

b0033112_23232948.jpg

◆ナキイナゴ♂ホスト(7月 山梨)
b0033112_2323495.jpg

b0033112_2324104.jpg

b0033112_23244618.jpg

◆ショウリョウバッタ♂ホスト(8月 神奈川)
b0033112_23252851.jpg

↑ショウリョウバッタ幼虫(2015年 神奈川)
b0033112_23265327.jpg

b0033112_2327169.jpg

b0033112_23273094.jpg

↑ショウリョウバッタ♀のホスト群(2016年 神奈川)

b0033112_2329469.jpg

↑おそらくオオカマキリ幼虫(2013年 神奈川)


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2016-10-26 23:39 | 直翅目(バッタ)

チャバネセセリ・イチモンジセセリ

週末毎の悪天候で、1ヶ月ほどフィールドに出ない内にもう10月。

既にキマダラセセリダイミョウセセリは姿を消し、イチモンジセセリやチャバネセセリばかり目に付く様になった。
セセリチョウに会えるのもあとわずかの期間。

b0033112_2133195.jpg

b0033112_2242247.jpg

◆チャバネセセリ交尾(10月 神奈川)
成虫は東北まで飛翔するが、越冬可能なのは関東以南。幼虫で越冬する。
b0033112_2293717.jpg

b0033112_2294553.jpg

↑チャバネセセリ
地味で普通種だが好きな種。
似た種に沖縄のトガリチャバネセセリや、ユウレイセセリがいる。
b0033112_2414856.jpg

↑トガリチャバネセセリ
b0033112_2434966.jpg

↑ユウレイセセリ

b0033112_2134743.jpg

b0033112_2244041.jpg

b0033112_2245090.jpg

◆イチモンジセセリ(10月 神奈川)
地肌の緑が目立つ。
成虫は北海道南部まで飛翔するが、越冬可能なのは関東以南。幼虫で越冬する。
超普通種で、昔は群れて移動したそうだが、今では農薬等の影響で群れを見ることはなくなったという。
一度見てみたかったものだ。

似た種にオオチャバネセセリや、沖縄のヒメイチモンジセセリがいる。
b0033112_2483073.jpg

↑ヒメイチモンジセセリ


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2016-10-16 02:49 | 鱗翅目・蝶

ショウリョウバッタモドキ♂・イナゴモドキ♂

「もどき(擬)」という表現は、生物の和名に用いる場合、「似た種」の意味。
b0033112_21473991.jpg

b0033112_21491499.jpg

◆ショウリョウバッタモドキ♂(9月神奈川)
ショウリョウバッタモドキとは、ショウリョウバッタに似た種の意味。
本州から八重山まで分布。ショウリョウバッタよりスマート。

b0033112_21552088.jpg

↑ショウリョウバッタ♂

b0033112_21512718.jpg

b0033112_21505662.jpg

◆イナゴモドキ♂(7月山梨)
イナゴモドキとは、イナゴに似た種という意味。
北海道から九州に分布。本州では高地の高原で見かける。
b0033112_21515924.jpg

↑交尾
b0033112_21525011.jpg

↑羽化

b0033112_21562845.jpg

↑ハネナガイナゴ

b0033112_21581643.jpg

↑クルマバッタモドキ

→ショウリョウバッタモドキ・クルマバッタモドキ


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2016-10-12 21:58 | 直翅目(バッタ)

クロコノマチョウ

クロコノマチョウは本来南方種だが、徐々に北上している。
関東では定着して等しい地味で大きなタテハチョウ科。
前翅表の先端縁近くに小さなオレンジ色の斑紋がある。

b0033112_16224063.jpg
b0033112_16235450.jpg
b0033112_16235403.jpg
b0033112_16235404.jpg
◆クロコノマチョウ幼虫(9月 神奈川)
食餌はジュズダマ、ススキ等のイネ科。黒い頭部と耳の様な角がユーモラス。
b0033112_16395654.jpg
↑このススキひと株に6頭の幼虫がいた。
b0033112_16445452.jpg
↑ジュズダマ

b0033112_16343378.jpg
◆クロコノマチョウ夏型(7月 神奈川)
関東~奄美まで分布。徐々に北上傾向。関東では夏~秋に羽化し成虫越冬する。



●Facebook
●Twitter
●ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

[PR]
# by issun_no_mushi | 2016-10-01 16:35 | 鱗翅目・蝶

ゴイシシジミ・ウラナミシジミ

9月下旬に入ったが、今年は台風や長雨の影響で、週末は残暑よりも悪天候が多い。
b0033112_1505780.jpg

b0033112_153292.jpg

b0033112_1553100.jpg

b0033112_1553777.jpg

◆ゴイシシジミ(8月 神奈川)
北海道から九州に分布。幼虫は肉食で、タケ・ササにつくアブラムシを喰う。
その生態から、毎年同じ場所に産するとは限らないが、このポイントでは3年続けて確認できている。
b0033112_1575869.jpg

b0033112_1592678.jpg

b0033112_1510424.jpg

b0033112_15112022.jpg

◆ウラナミシジミ(9月 神奈川) 上から♀、♀、♂、交尾
秋になると出会う機会が増える蝶。食餌はマメ科。
本種は本来南方種で、本州で越冬可能なのは関東以南の太平洋岸に限られる。
夏から秋に向かって拡散し、北海道南部や本州中部高地にまで飛翔するが、結局越冬できず死滅を繰り返す。

b0033112_15122119.jpg

↑ヤマトシジミ交尾(9月 神奈川) 右が♀

b0033112_15133883.jpg

↑ツバメシジミ産卵中の♀(8月末 神奈川)

b0033112_15153248.jpg

↑ルリシジミ(9月 神奈川)

b0033112_15163344.jpg

↑ベニシジミ(9月 神奈川)


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2016-09-25 15:17 | 鱗翅目・蝶

ギンイチモンジセセリ・オオチャバネセセリ

秋になるとセセリチョウの仲間が目立つ様になる。
特に多数派のイチモンジセセリは、昔は群れで移動したそうだ。
しかし農薬等の影響か、今はそれは見られない。一度見てみたかった。
b0033112_20413847.jpg

b0033112_20423661.jpg

b0033112_20433049.jpg

◆ギンイチモンジセセリ3化(9月 神奈川)
北海道から九州に分布。食餌はイネ科。当地では年3化する。最近産地が減少傾向にある。
第1化に比べて、白線が目立たない。

b0033112_2045665.jpg

b0033112_2046176.jpg

b0033112_20472025.jpg

◆オオチャバネセセリ(9月 神奈川)
北海道から九州に分布。食餌はイネ科。年2化と思われる。県内では少ない。

b0033112_20483240.jpg

b0033112_20494391.jpg

b0033112_20501151.jpg

↑イチモンジセセリ(9月 神奈川)
3枚目は触角の手入れをしているシーン。しぐさが可愛い(笑)

b0033112_2117122.jpg

b0033112_20521044.jpg

↑チャバネセセリ(9月 神奈川)

b0033112_21182144.jpg

b0033112_21183438.jpg

b0033112_21184995.jpg

↑キマダラセセリ(9月 神奈川)

b0033112_21191735.jpg

b0033112_21193151.jpg

↑ダイミョウセセリ(9月 神奈川)


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2016-09-17 21:22 | 鱗翅目・蝶

キカマキリモドキ・マルバネシリアゲ

都市部では、温暖化による影響で僅かながら種の変化を感じるものの、全体的に見かける種は限定的、かつ固定化している。
一方、草原が残されている高地では、まだ多くの種に出会える。
b0033112_204914.jpg

b0033112_2052896.jpg

b0033112_2055927.jpg

b0033112_2065995.jpg

◆キカマキリモドキ(7月 山梨)
カマキリモドキ科。よく灯火で見かける。この個体は草原のススキの葉裏にいた。

b0033112_2072977.jpg

b0033112_2075389.jpg

◆マルバネシリアゲ♀(7月 山梨)
シリアゲムシ科。高地の草原で会った。ヤマトシリアゲに似るが、斑紋が異なる。

b0033112_2010786.jpg

b0033112_2010274.jpg

↑ヤマトシリアゲ夏型♂(8月 神奈川)
春型は黒いが、夏型は飴色になる。一時期は別種(ベッコウシリアゲ)と思われていたという。
b0033112_20132650.jpg

↑ヤマトシリアゲ夏型♀(9月 神奈川)


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2016-09-11 20:14 | その他

アカセセリ・ムモンアカシジミ

ようやく8月の虫に辿りついたが、まだまだ月遅れ。

在来蝶にはほぼ出会えたので、最近は交通費への散財を抑制して、県内フィールドを散策している。
しかし、たまにはETCを使い、県内では会えないセセリチョウに会いに軽く遠征したくなる。
b0033112_8463158.jpg

b0033112_847209.jpg

b0033112_8474677.jpg

◆アカセセリ(8月 長野)
本州中部高地に棲息。
食餌はカヤツリグサ科のヒカゲスゲ等。
「アカ」というほど赤い訳ではなく、特に赤い紋もない。
茶系の多いセセリチョウの中では橙色に近いかもしれない。

蝶の分布は、一般に食餌となる植物の分布で推定できる場合が多い。
とすれば、イネ科やカヤツリグサ科を食餌とするセセリチョウの仲間は、どこの草地でも棲息できそうに思える。
しかし、幼虫の成育条件の故か、実際には生息域がかなり限られる種が多い。

本種はもともと生息範囲が限定的だが、年々出会える数が減っている。
蛾やセセリチョウ科は、他の美麗蝶に比べて保護種に制定され難く感じているので、手遅れにならないか心配だ。

b0033112_848547.jpg

b0033112_8491140.jpg

b0033112_8493444.jpg

◆ムモンアカシジミ(8月 長野)
北海道から本州中部高地に分布。
食餌はブナ科。
ゼフィルスでは最も遅く出現する。
アカシジミと比べて、翅の表側縁に黒紋がないことからつけられた和名と思われる。

b0033112_8503330.jpg

↑アカセセリのいる様な標高の草地では、ヒメシジミが普通種。

b0033112_8521237.jpg

↑求愛に必死のヒメシジミ♂が、ベニシジミにまでアタックしていた。


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2016-09-04 08:57 | 鱗翅目・蝶

アケビコノハ・ベニスズメ

月遅れだが、7月に会えた虫達を続ける。
7月の後半にも早朝の灯火下で残り蛾達に会えた。
前回の観察から3週間を経たら蛾の種類も大幅に変っていた。
b0033112_15471046.jpg

◆アケビコノハ(7月 静岡)
日本全土に分布。食餌はアケビ科等。見事に枯葉に擬態した大型の蛾。
b0033112_15471857.jpg

◆ベニスズメ(7月 静岡)
北海道から沖縄に分布。食餌はアカバナ科、アカネ科等。

同日出会った蛾達を。
b0033112_15473183.jpg

↑クチバスズメ
b0033112_15474393.jpg

↑クルマスズメ
b0033112_15475657.jpg

↑ゴマフボクトウ
b0033112_1548107.jpg

↑ルリハダホソクロバ
b0033112_15482025.jpg

↑マメノメイガ
b0033112_15483123.jpg

↑ミカドマダラメイガ
b0033112_15484280.jpg

↑ネグロフトメイガ
b0033112_1548502.jpg

b0033112_15485863.jpg

↑ナカムラサキフトメイガ
b0033112_1549735.jpg

↑シロテンキノメイガ
b0033112_15491959.jpg

↑ツマグロシロノメイガ
b0033112_15493022.jpg

↑ウコンカギバ
b0033112_15494177.jpg

↑コヨツメアオシャク
b0033112_15495295.jpg

↑ウスアオシャク
b0033112_1550683.jpg

↑ハイイロオオエダシャク
b0033112_15511223.jpg

↑リンゴツノエダシャク
b0033112_15515333.jpg

↑クワエダシャク
b0033112_1552949.jpg

↑クロマダラエダシャク(たぶん)
b0033112_15521999.jpg

↑フトフタオビエダシャク
b0033112_15523757.jpg

↑バラシロエダシャク
b0033112_15524724.jpg

↑ナカキエダシャク
b0033112_15525564.jpg

↑トンボエダシャク
b0033112_15531520.jpg

↑ツマキリエダシャク
b0033112_15533461.jpg

↑ツマキリウスキエダシャク
b0033112_15534950.jpg

↑ツマトビシロエダシャク
b0033112_1554332.jpg

↑ウラモンアカエダシャク
b0033112_1554183.jpg

↑ウコンエダシャク♂
b0033112_15551723.jpg

↑ウラベニエダシャク
b0033112_15553447.jpg

↑ウスオエダシャク
b0033112_15555325.jpg

↑ウスキツバメエダシャク
b0033112_1556272.jpg

↑キドクガ
b0033112_15562026.jpg

b0033112_15563032.jpg

b0033112_15563955.jpg

b0033112_15565117.jpg

↑アカハラマイマイ ♀、♂、雌雄比較、集団発生
b0033112_15571699.jpg

↑シロオビドクガ♂
b0033112_15572736.jpg

↑タケカレハ繭
b0033112_1558751.jpg

↑シロヒトリ
b0033112_15583056.jpg

↑アカハラゴマダラヒトリ
b0033112_15584188.jpg

↑クワゴマダラヒトリ♂
b0033112_15585494.jpg

↑ゴマダラベニコケガ
b0033112_1559927.jpg

↑ホシオビコケガ
b0033112_15592372.jpg

↑ヒメキホソバ
b0033112_15593892.jpg

↑キマエホソバ
b0033112_15595295.jpg

↑アオスジアオリンガ
b0033112_160860.jpg

↑ハガタエグリシャチホコ
b0033112_1602629.jpg

↑カバイロモクメシャチホコ
b0033112_1604068.jpg

↑モンクロシャチホコ
b0033112_1605049.jpg

↑ナカスジシャチホコ
b0033112_1605953.jpg

↑ツマキシャチホコ
b0033112_161964.jpg

↑コトビモンシャチホコ
b0033112_1613198.jpg

↑ムクゲコノハ
b0033112_1614529.jpg

↑フサヤガ
b0033112_1615993.jpg

↑アカテンクチバ
b0033112_1621151.jpg

↑ハングロアツバ
b0033112_1622367.jpg

↑オオケンモン
b0033112_1632534.jpg

↑マエグロシラオビアカガネヨトウ


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
# by issun_no_mushi | 2016-08-28 15:14 | 鱗翅目・蛾