一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

ヒガンバナに集まる黒系アゲハ

b0033112_0203591.jpg
b0033112_0204618.jpg

2004年9月中旬 神奈川県にて
今年は季節の変化が早く、ヒガンバナももう終りだった。
ヒガンバナにはアゲハ類がよく集まるので花の開花時期は撮影チャンス。

ここではカラスアゲハ、モンキアゲハ、クロアゲハが交互に飛来して、時々激しいバトルを繰返していた。どうりで羽が痛むわけだ。
モンキアゲハは本州最大のチョウで、カラスアゲハより一回り大きく貫禄がある。

自サイト「相模国の自然スケッチ」の過去の表紙から
http://www.geocities.jp/issun_no_mushi/
[PR]
# by issun_no_mushi | 2004-09-27 00:27 | 鱗翅目・蝶

ツマグロヒョウモン

b0033112_2317185.jpg
b0033112_23173468.jpg

2004年9月中旬 神奈川県
ツマグロヒョウモンは、元々南方のチョウだが、北上中で、最近神奈川にも定着したらしい。
前翅端が黒い方が♀。
他のヒョウモン類を席捲する勢いなのが心配。

自サイト「相模国の自然スケッチ」の過去の表紙から
http://www.geocities.jp/issun_no_mushi/
[PR]
# by issun_no_mushi | 2004-09-26 23:28 | 鱗翅目・蝶

ヤママユ

b0033112_2324219.jpg
b0033112_2325765.jpg

2004年9月初 山梨県
ヒメオオクワガタで有名なポイント近くに宿泊。
当日は曇りで気温っも上がらずヒメオオクワガタには会えなかったが、目的は天蚕だったので達成。
灯下(灯火?)採集ならぬ灯下撮影で、他にムラサキシタバやミヤマクワガタ、ベニスズメ、未同定の蛾が大勢。ナナホシテントウやスズメバチが飛んで来たのは意外だった。

自サイト「相模国の自然スケッチ」の過去の表紙から
http://www.geocities.jp/issun_no_mushi/
[PR]
# by issun_no_mushi | 2004-09-26 23:10 | 鱗翅目・蛾・野蚕

ホソオチョウ

b0033112_2243028.jpg

b0033112_035491.jpg

2004年8月下旬、山梨県にて
昨年に続き長野高地の帰路に撮影。長野の肌寒さに比べ、甲府盆地は灼熱。

この蝶は韓国から人為的に持込まれたそうで、現地では10年以上定着しているらしい。
昨年同様、特定のポイントに健在だった。

白い♂は♀を探してグライダーの様にフワフワ飛び回り、なかなか止らない。
一方、ギフチョウの様な配色の♀は草に隠れ滅多に飛ばない。
今回、ラッキーにも交尾する瞬間に出会い撮影できた。
あのフワフワ優雅に飛ぶ♂が、♀を追う時は凄まじい速さになるのは驚き。

何度か撮影に来ても、現場で人に会ったことは無かったが、今回は採集しているグループに初めて出会った。

自サイト「相模国の自然スケッチ」の過去の表紙から
http://www.geocities.jp/issun_no_mushi/
[PR]
# by issun_no_mushi | 2004-09-26 22:58 | 鱗翅目・蝶

クジャクチョウ

b0033112_22354565.jpg

2004年8月下旬、長野県にて
昨年に続き恒例の撮影行。
天気がイマイチで現地は肌寒く、Tシャツ姿は他にいなかった。

結局、昨年見かけたアサギマダラやエルタテハの姿は無かったが、クジャクチョウにはしっかり会えた。
意外だったのは、またもキベリタテハに会えたこと。降れば土砂降り?


自サイト「相模国の自然スケッチ」の過去の表紙から
http://www.geocities.jp/issun_no_mushi/
[PR]
# by issun_no_mushi | 2004-09-26 22:39 | 鱗翅目・蝶

ツクツクホウシ

b0033112_22292518.jpg

2004年8月中旬、神奈川県にて
このセミの声を聞くと夏も後半だなと感じる。
この個体はお食事中でかなり寄れた。


自サイト「相模国の自然スケッチ」の過去の表紙から
http://www.geocities.jp/issun_no_mushi/
[PR]
# by issun_no_mushi | 2004-09-26 22:29 | 半翅目(蝉・亀虫)

ナガゴマフカミキリ

b0033112_2213176.jpg

2004年8月中旬、神奈川県にて
自然公園の木の幹で発見。
目が合った途端、落下して落葉の中で死んだ真似をしていた。
再発見までに3,4分かかったので有効な戦略なんだろう。

自サイト「相模国の自然スケッチ」の過去の表紙から
http://www.geocities.jp/issun_no_mushi/
[PR]
# by issun_no_mushi | 2004-09-26 22:26 | 鞘翅目(甲虫)

キベリタテハ

b0033112_21551256.jpg


2004年8月上旬、長野県にて
これも生まれて初めての出会い。高速代払って片道4時間運転した甲斐があった。

この蝶に会えると思っていなかったので、目の前に飛来した時はややパニック。
そういう時に限って電池切れ。またかマーフィーの法則!


自サイト「相模国の自然スケッチ」の過去の表紙から
http://www.geocities.jp/issun_no_mushi/
[PR]
# by issun_no_mushi | 2004-09-26 21:59 | 鱗翅目・蝶・高山蝶

ベニヒカゲ

b0033112_21455266.jpg

2004年8月上旬、長野県にて
これも生まれて初めての出会い。
本来はお盆の頃に発生する蝶らしいが、今年は発生が早かった。

ヒカゲチョウにしては派手目。
朝方、数も少なく敏感で撮影に苦慮したが、昼近くには一杯飛び出した。


自サイト「相模国の自然スケッチ」の過去の表紙から
http://www.geocities.jp/issun_no_mushi/
[PR]
# by issun_no_mushi | 2004-09-26 21:51 | 鱗翅目・蝶・高山蝶

ミヤマシロチョウ

b0033112_21363276.jpg


2004年7月下旬、長野県にて
これも生まれて初めての出会い。あこがれていた蝶なので感激だった。

アゲハ科のウスバシロチョウを彷彿とさせる蝶だがシロチョウ科。
かなり減っているそうなので、いつまで会えるのか心配。
[PR]
# by issun_no_mushi | 2004-09-26 21:39 | 鱗翅目・蝶・高山蝶