人気ブログランキング |

一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

スプリング・エフェメラル

フユシャクの種類は早春型にシフトしてきた。
成虫越冬するテングチョウ、キタテハ、ルリタテハ等の越冬蝶も続々と活動を開始している。
ビロードツリアブ、ミヤマセセリ、コツバメ等の春羽化のスプリング・エフェメラル(春の儚い命)も姿を見せた。
季節は冬から春へと脱皮中だ。
b0033112_2059156.jpg

◆ミヤマセセリ♂(山梨3月中旬)
早春に羽化する唯一のセセリチョウ。セセリチョウとしては派手な色彩をもつ。
幼虫はクヌギ等のブナ科喰い。

b0033112_2101239.jpg

b0033112_2103785.jpg

↑ミヤマセセリ♂(神奈川3月中旬)

b0033112_22482410.jpg

b0033112_22504344.jpg

↑ミヤマセセリ♀(山梨4月上旬)

b0033112_21124920.jpg

b0033112_21133453.jpg

↑ビロードツリアブ(神奈川3月中旬)

b0033112_2113383.jpg

◆ルリタテハ(神奈川3月中旬)
多数のテングチョウ、キタテハに混じり、そのシックな姿で
日光浴していた。幼虫はサルトリイバラ等のユリ科喰い。
b0033112_2121983.jpg

b0033112_212365.jpg

↑ルリタテハ(山梨3月中旬)

b0033112_2153039.jpg

↑キタテハ(神奈川3月中旬)成虫越冬

b0033112_2164628.jpg

↑テングチョウ(神奈川3月中旬)成虫越冬


→ホームページ
by issun_no_mushi | 2011-03-23 21:14 | 鱗翅目・蝶