一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

ヒメアカネ・マユタテアカネ

しばらく鱗翅目が続いているので、久々蜻蛉目を。
トンボも見かけると撮っていないわけではないが、特定の種を狙って遠征することはほとんど無い。
トンボは肉食で、下がらずに前進する象徴から、縁起をかつぐ武士社会で「勝虫」として好まれ、兜の前立て等に蜻蛉のデザインを用いていた。
b0033112_227134.jpg

b0033112_2291312.jpg

◆ヒメアカネ♂(東京10月)
東京産は初めて出会った。他のアカネより小さい。
胸部側面は斑紋が無く、マユタテアカネに似る。
b0033112_2294352.jpg

b0033112_22101077.jpg

◆マユタテアカネ♂(同上)
眼間の黒い斑紋を眉に見立たのが和名の由来。
尾端が反るのが特徴。ガガンボを捕食していた。

b0033112_22221869.jpg

b0033112_22231433.jpg

↑マユタテアカネ♀(神奈川8月)翅端に黒斑のあるものもいる。

b0033112_22104792.jpg

↑ナツアカネ♂(神奈川10月)♂は全身真っ赤になる。

b0033112_2215281.jpg

↑アキアカネ♂(神奈川9月)

b0033112_22203215.jpg

↑ミヤマアカネ♀(神奈川8月)翅の半ばに黒斑があるのが特徴。

b0033112_22174734.jpg

↑リスアカネ♀(静岡9月)ノシメトンボに似るが胸横の斑紋が微妙に異なる。

→ホームページ
[PR]
by issun_no_mushi | 2011-10-12 22:34 | 蜻蛉目(トンボ)