人気ブログランキング |

一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

コツバメ・ミヤマセセリ

今年は雪で例年より出現がずれる種が多く、ターゲットの選定に懊悩している内にスプリング・エフェメラルの蝶たちが出てきた。
そろそろ昼のフィールドにシフトする時期になってきた様だ。
b0033112_22153194.jpg

b0033112_2216930.jpg

b0033112_22174248.jpg

b0033112_22181046.jpg

◆コツバメ Callophrys ferrea ♂(3月 神奈川)
Wikipediaの体系では、シジミチョウ科ミドリシジミ亜科コツバメ属。
学研の日本産蝶類標準図鑑(初版)の体系では、シジミチョウ科シジミチョウ亜科カラスシジミ族コツバメ属。
コツバメ属は日本に本種のみ。
シジミチョウ科の和名で「~ツバメ」で終わるのは、ムラサキツバメキマダラルリツバメと本種のみ。
b0033112_22165943.jpg

北海道~九州に分布。早春にだけ現れ年1化のスプリング・エフェメラル。
ツツジ科、バラ科など複数の食餌がある様だが、アセビ(ツツジ科)でよく見かける。
学研の図鑑には「まれではない」と記載されているが、食餌の関係か分布はやや局所的。
幼虫は花や蕾を食し、晩春には蛹化し、そのまま翌春まで1年の3/4を蛹で過ごす。
b0033112_22163947.jpg

枯葉擬態らしき茶系の翅裏に対し、翅表はブルーだが、通常は止まった時に翅表を見せることはない。
日光浴も翅を閉じた姿勢のまま全身を傾けて行う。
素早く飛び、♂はテリトリを張り、あまり大きく移動しない。
同種♂以外の飛翔昆虫にも攻撃を仕掛ける。

b0033112_22184423.jpg

b0033112_22185968.jpg

b0033112_22192168.jpg

b0033112_23183472.jpg

◆ミヤマセセリ Erynnis montanus ♂(3月 神奈川)
セセリチョウ科チャマダラセセリ亜科ミヤマセセリ属。
ミヤマセセリ属は日本に本種のみ。北海道~九州に分布。食餌はブナ科。
翅を開いて止まる姿勢は、同亜科のコウトウシロシタセセリやダイミョウセセリに似た生態。
早春にだけ現れ年1化のスプリング・エフェメラル。
セセリチョウ科のファーストランナー。セセリチョウ・フェチの自分は本種を見てようやく春を実感する。
これでも日本のセセリチョウ科では派手な方かもしれない。
b0033112_22201715.jpg

↑樹に止まった状態。翅の畳み方が蛾の様(笑)
b0033112_22223585.jpg

↑♀(過去画像)
b0033112_22232119.jpg

↑幼虫(過去画像)
b0033112_22233394.jpg

↑巣(過去画像)
b0033112_23152984.jpg

↑コウトウシロシタセセリ(過去画像)

今回の観察では全般に発生が遅れていて、天候も良いとは言えず、両種とも♂1を確認しただけだった。
最近、平日はよく晴れているので、1週間後の週末には状況が一転していそうだ。


→ホームページ
・フユシャク図鑑
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●tw
by issun_no_mushi | 2014-04-02 22:23 | 鱗翅目・蝶