一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

ショウリョウバッタモドキ♂・イナゴモドキ♂

「もどき(擬)」という表現は、生物の和名に用いる場合、「似た種」の意味。
b0033112_21473991.jpg

b0033112_21491499.jpg

◆ショウリョウバッタモドキ♂(9月神奈川)
ショウリョウバッタモドキとは、ショウリョウバッタに似た種の意味。
本州から八重山まで分布。ショウリョウバッタよりスマート。

b0033112_21552088.jpg

↑ショウリョウバッタ♂

b0033112_21512718.jpg

b0033112_21505662.jpg

◆イナゴモドキ♂(7月山梨)
イナゴモドキとは、イナゴに似た種という意味。
北海道から九州に分布。本州では高地の高原で見かける。
b0033112_21515924.jpg

↑交尾
b0033112_21525011.jpg

↑羽化

b0033112_21562845.jpg

↑ハネナガイナゴ

b0033112_21581643.jpg

↑クルマバッタモドキ

→ショウリョウバッタモドキ・クルマバッタモドキ


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
by issun_no_mushi | 2016-10-12 21:58 | 直翅目(バッタ)