一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

ミヤマフユナミシャク

11月初旬、フユシャクの未見♀を狙って長野高地に遠征した。

フユシャクを観察して10年以上経つが、これまでなかなか会えなかったミヤマフユナミシャクの♀に初めて出会うことができた。その後、なんと交尾にも出会うことができた。

このポイントを昨年の内に単身で探し出し、今年の発生日を見事に言い当てた殊勲者は川北さんだった。
深く感謝するとともに、探索眼が多いことの有効性を改めて痛感した夜だった。
b0033112_21592170.jpg

b0033112_2313867.jpg

b0033112_232313.jpg

b0033112_2321750.jpg

◆ミヤマフユナミシャク交尾(11月長野)
23時頃、ATSさんが、頭上5m位の枝で発見したペア。
本州の一部(関東、中部、東海)の山地のカラマツ林に産する。
フユシャクの中では早期の10月末~11月中頃に出現する。
b0033112_22023100.jpg

b0033112_2331982.jpg

b0033112_2335031.jpg

◆ミヤマフユナミシャク♀(同上)
日の入り直後に川北さん(HN)が発見した単体♀。同種の♀は人生初の出会い。
交尾を狙う為、そのまま放置していたら、幹を登ったのか、残念ながらロストしてしまった。
♂も♀も、平地種であるサザナミフユナミシャクに似ている印象。
b0033112_234212.jpg

b0033112_2343837.jpg

b0033112_235226.jpg

b0033112_2351934.jpg

b0033112_2355340.jpg

↑ミヤマフユナミシャク♂
あちこちで羽化した個体が見られた。


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
by issun_no_mushi | 2016-11-30 23:06 | 鱗翅目・蛾・冬尺