一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

オオチャバネフユエダシャク

11月初旬、フユシャクを狙って長野の高地に遠征。

フユシャクを観察して10年以上経つが、これまで未見だったオオチャバネフユエダシャクの交尾に出会うことができた。

先週貼ったミヤマフユナミシャク交尾の繰り返しになるが・・・
このカラマツ林を昨年の内に単身で探し出し、今年の発生日を見事に当てた川北さん(HN)はエライ。
改めて感謝するとともに、大きな成果は探索眼の数に比例することを再認識した。
b0033112_22162754.jpg

b0033112_22173816.jpg

b0033112_22185061.jpg

b0033112_22195093.jpg

◆オオチャバネフユエダシャク交尾(11月長野)
日付変更線を越えた頃、フユシャク探索は初めてというD嬢が発見。
「Erannis属の交尾は深夜」と一般に言われる定説通りだった。
北海道、本州(関東、中部)、四国に分布。山地性で、11月頃出現。食餌はカラマツ。
b0033112_22204959.jpg

b0033112_22212934.jpg

b0033112_22224858.jpg

◆オオチャバネフユエダシャク♀(同上)
日の入り直後に蛾LOVEさんが見つけた♀。
先週貼ったミヤマフユナミシャクの単体♀と、同じ時刻に、同じカラマツを這い上がっていた。
交尾を狙って放置していたら、幹を登ったらしく、ロストしてしまった。
カラマツは高木なので、登られるともう取り返しがつかない。
b0033112_22231681.jpg

b0033112_22234315.jpg

b0033112_22242293.jpg

b0033112_22244015.jpg

↑♂はあちこちで羽化していた


→ホームページ
・フユシャク図鑑・フユシャクの探し方
・ヤママユガ(野蚕)図鑑
・イカリモンガ図鑑・カノコガ図鑑
・Biston属
・ミツボシキリガ
・ホタルガ亜科
・セセリチョウ図鑑
・ゼフィルス
・アゲハチョウ科
・高山蝶
・ヘビトンボ図鑑・ツノトンボ図鑑
・キンカメムシ図鑑
・カマキリモドキ
・シリアゲムシ
・スズメバチ
・変わり種クモ

●Twitter
●Facebook
[PR]
by issun_no_mushi | 2016-12-07 22:24 | 鱗翅目・蛾・冬尺