人気ブログランキング |

一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

アゲハ科

春が終る前に・・・関東の春蝶に視線を戻す。

桜前線等でも顕著な様に、春・夏の季節変化は、暖かい地域→寒い地域に、つまり南→北に移っていく。 このことは局地的には、平地→山地に同様なことが言える。
従って・・・平地で撮りそびれた春蝶に会うには、北に向かうか、標高の高い所に向かうことになる。
2005/5東京都
b0033112_1804744.jpg

■ウスバシロチョウ
名はシロチョウだが、こう見えても立派なアゲハチョウ科。
鱗粉が薄めで、羽が透けて見えることからウスバの名がある。
5~6月頃に里山で見られる。食草はムラサキケマン等
b0033112_1812689.jpg

■オナガアゲハ♀春型
クロアゲハに似ているが遺伝子的にはシロオビアゲハにも近いらしい。
毒蝶ジャコウアゲハ♂に擬態していると言われている。
食樹はコクサギ、サンショウ等
b0033112_1832477.jpg

■ジャコウアゲハ♂
食草ウマノスズクサの毒性を体内に蓄え、鳥等に食べられ難いという。
2003/7神奈川県


「相模国の自然スケッチ」の過去の表紙から
http://www.geocities.jp/issun_no_mushi/
by issun_no_mushi | 2005-06-04 18:07 | 鱗翅目・蝶