一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

樹幹の住人

いつもの公園に赴いたが、ほとんど陽が射さず蝶にはほとんど会えなかった。
代わりに樹幹を観察して巡った。
                  2005/11神奈川県

b0033112_21251098.jpg

■キノカワガ
その名の通り、樹の皮に擬態したヤガ科の蛾。色や斑紋は個体差が大きい。
幼虫は柿の葉を食べ葉裏に繭を作る。成虫で越冬する。

b0033112_212906.jpg

↑キノカワガの繭


b0033112_2125556.jpg

■ジョロウグモの産卵
お腹の大きなジョロウグモ♀が大勢見られるが、そろそろ産卵の時期。
樹皮等に産卵し糸で保護する。この母蜘蛛の寿命も残りわずか。

「相模国の自然スケッチ」の過去の表紙から
http://www.geocities.jp/issun_no_mushi/
[PR]
by issun_no_mushi | 2005-11-27 21:30 | 鱗翅目・蛾