一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

冬のオンブバッタ

本州以北に棲む昆虫にとって、冬を如何に越すかが、そのライフサイクルのパターンを決める大きな要因になっている。
ツチイナゴの様に成虫越冬するバッタもいるが、バッタの大半は卵越冬の道を選んだ。
2007/11神奈川県
b0033112_22543816.jpg

■オンブバッタ幼体
オンブバッタは本州では卵で越冬するが、5mm程度の幼体が数匹跳ねていた。
小春日和に春と誤って孵化したらしい。自然は時々残酷な悪戯をする。

→2004年12月のオンブバッタ幼体

b0033112_2255671.jpg

■オンブバッタ茶型♀
ロゼッタ状態になった雑草地にオンブバッタの成虫が複数いた。
痛んだ個体が多く動きも鈍かったが、まだしっかり生きていた。

b0033112_236472.jpg

↑オンブバッタ緑型♀

b0033112_2375659.jpg

↑オンブバッタ緑型♂翅が大きく損なわれていた

b0033112_2315620.jpg

↑成虫越冬明けのツチイナゴ成虫(2005/3神奈川県)


「相模国の自然スケッチ」ホームページ
http://www.geocities.jp/issun_no_mushi/
[PR]
by issun_no_mushi | 2007-12-05 22:55 | 直翅目(バッタ)