人気ブログランキング |

一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

神秘

昨夜までの雨も上がり、太陽が顔を出した土曜日。
もう、飛ぶ虫はまばらになってきた。
            2004/11/20神奈川県
b0033112_20233910.jpg

◆キタテハ秋型
関東ではポピュラーなタテハ。羽を広げて日向ぼっこしていた。
秋型は夏型より羽がギザギザで成虫越冬する。食草はカナムグラ。

b0033112_20235846.jpg

◆オオカマキリ産卵
久しぶりにオオカマキリの産卵シーンに出会えた。
この季節の神秘的な風物詩だ。来春の無事な孵化を祈った。

※自サイト「相模国の自然スケッチ」の過去の表紙から
http://www.geocities.jp/issun_no_mushi/
by issun_no_mushi | 2004-11-27 20:35 | 網翅目(カマキリ)

木枯らし

この日、関東は晴れだが木枯らしが吹き気温も低めだった。
それでも陽だまりで少数の蝶達ががんばっていた。
  2004/11/13神奈川県
b0033112_2250424.jpg

◆ツマグロヒョウモン♀
南方から北進中の蝶で神奈川にも最近定着した模様。
越冬は若齢幼虫。食草はスミレ科。
b0033112_2251177.jpg

◆ウラナミシジミ♂
これも南方から来て関東南部に定着した蝶。
成虫は更に北進して産卵するが、幼虫は越冬できずに死滅する。
これを繰り返しつつ少しずつ北上を果たしている。食草はマメ科。

※自サイト「相模国の自然スケッチ」の過去の表紙から
http://www.geocities.jp/issun_no_mushi/
by issun_no_mushi | 2004-11-20 23:04 | 鱗翅目・蝶

晩秋

秋も終盤を迎え、そろそろ虫達も越冬準備をはじめている。
 2004/11/03神奈川県

b0033112_1542378.jpg

◆ホソミオツネントンボ♀
 一見すると、普通のイトトンンボだが、「細身越年蜻蛉」という名の通り、成虫で越冬する。春になると♂は全身が青くなる。

b0033112_15421551.jpg

◆アカタテハの蛹
 カラムシの巣に隠れていた蛹。
越冬形態は主に成虫である為、もうすぐ羽化すると思われる。


※自サイト「相模国の自然スケッチ」の過去の表紙から
http://www.geocities.jp/issun_no_mushi/
by issun_no_mushi | 2004-11-14 15:56 | 蜻蛉目(トンボ)

秋の蝶

蝶には春から夏に発生する種が多いが、秋に多く姿を見かける種もいる。
b0033112_16162320.jpg

◆ウラナミシジミ♀
 関東南岸までは定着してきた様だが、それより北では越冬ができず死滅してしまう。
それでも成虫は北進し、東北地方まで進出する。そうやって少しずつ北上を果たしている。
   2004/10/16山梨県

b0033112_16163636.jpg

◆ヒメアカタテハ
 越冬形態は一定ではなく、成虫や幼虫で越冬する様だ。
今年の冬は2月中旬に越冬成虫に会えた。
   2004/10/29神奈川県

※自サイト「相模国の自然スケッチ」の過去の表紙から
http://www.geocities.jp/issun_no_mushi/
by issun_no_mushi | 2004-11-07 16:23 | 鱗翅目・蝶