人気ブログランキング |

一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

クジャクチョウ・アサギマダラ

オナガミズアオに会ったのと同じポイントで、昼に今年初の蝶達に出会った。
南から渡って来たアサギマダラが2~3頭、優雅にフワフワと舞い、一方で今年生まれた新鮮なクジャクチョウが2頭、縄張りを争って空中戦を行っていた。
これから山も楽しくなる。
b0033112_2219242.jpg

■クジャクチョウ(2008/6山梨県)
今年羽化した新成虫に出会った。 クジャクチョウは成虫で越冬して春に産卵する。
従って新成虫は冬を知らない。

b0033112_22194262.jpg

■アサギマダラ♂(2008/6山梨県)
今年初めて出会った。 アサギマダラは渡りをする蝶で、この時期は南から北へ大移動し、秋に逆に移動する。昨年は、山梨県甲州市でマーキングした個体が与那国島で確認されたそうだ。
弱々しく見える蝶だが、とてつもない距離を移動する逞しさを秘めているものだ。
北アメリカ大陸でも、オオカバマダラというマダラチョウの仲間が、南北に渡りをすることで有名だ。

マダラチョウの仲間(本州で会えるのはアサギマダラに限られる)は、毒草を食草にする為、フワフワと優雅に飛ぶ割に、鳥等の天敵には狙われ難いという。

<八重山で会ったマダラチョウの仲間>

b0033112_22364273.jpg

↑オオゴマダラ

b0033112_22374081.jpg

↑オオゴマダラ幼虫

b0033112_22382462.jpg

↑オオゴマダラ蛹

b0033112_22452744.jpg

↑カバマダラ

b0033112_22461613.jpg

↑カバマダラ幼虫と蛹

b0033112_22392258.jpg

↑リュウキュウアサギマダラ

b0033112_22401231.jpg

↑スジグロカバマダラ

b0033112_22425595.jpg

↑ツマムラサキマダラ


→ホームページ
by issun_no_mushi | 2008-06-25 22:49 | 鱗翅目・蝶

オナガミズアオ・オオミズアオ

オナガミズアオに会いに山梨に出かけた。
ヤママユガ科の蛾は大型で美しい種が多い。
成虫は口が退化していて餌をとらない。
ヤママユガ科は野蚕とも呼び、天然の蚕として蚕より上質で高価な糸がとれる種もいる。
b0033112_22253944.jpg

■オナガミズアオ♂(2008/6 山梨)
オオミズアオと同じActias亜科だが、食樹がカバノキ科に限られる為、出会えるポイントや頻度が限られる。

b0033112_22302287.jpg

↑オナガミズアオ♂の触角。 オオミズアオに比べグリーンなのが特徴。

b0033112_22321864.jpg

↑上の中央がオナガミズアオ♂、他はオオミズアオ♂
当日はオナガミズアオ♂1、オオミズアオ♂12、同♀2に出会えた。

b0033112_22361816.jpg

■オオミズアオ♂(2008/6 山梨)
ヤママユ科の中では、その大きく青白い美しさから人気が高い。
バラ科・ブナ科・カバノキ科等、比較的広食。

b0033112_22283668.jpg

↑オオミズアオ♂の触角

b0033112_2226491.jpg

↑オオミズアオ♀

b0033112_22273425.jpg

↑オオミズアオ♀の触角

→野蚕

→ホームページ
by issun_no_mushi | 2008-06-18 22:32 | 鱗翅目・蛾・野蚕

ゼフィルス

今年もゼフィルスの季節がやってきた。
シジミチョウ科・ミドリシジミ亜科・ミドリシジミ属を、ギリシャ神話の西風の妖精を意味するゼフィルス(zephyrus)と呼ぶ。梅雨時に重なる6月頃にしか会うことができない美しい蝶達で人気が高い。

後翅に尾状突起をもつ種が多く、これが触角を模して頭部を擬態している。
こっちが頭と思って鳥などの天敵が突く隙に逃げる戦略だ。

b0033112_23314693.jpg

■アカシジミ(2008/6神奈川県)
平地で出会えるゼフィルスの中では最も普通な種。
その鮮やかなオレンジ色は何度会っても飽きない。

b0033112_23364061.jpg

↑偽の頭の役目を果たしたのだろうか。尾状突起の部分が欠けている個体。

b0033112_23325615.jpg

■ウラナミアカシジミ(2008/6神奈川県)
アカシジミ同様に平地で会える大型で美しいゼフィルス。

b0033112_23395042.jpg

↑これも尾状突起の部分が欠けていた。無事に鳥から逃げ切ったのだろうか。

b0033112_23351077.jpg

↑ミズイロオナガシジミ(2008/6神奈川県)
ちょうど羽化時期に会え、新鮮な個体が多かった。

→ホームページ
by issun_no_mushi | 2008-06-11 23:41 | 鱗翅目・蝶

オオルリシジミ

初めてオオルリシジミに会いに長野に出かけた。
オオルリシジミはマメ科のクララに依存する蝶で、環境悪化や採集圧等の為に、東北では既に絶滅の模様。辛うじて熊本と長野で保護されつつ生き延びているのが実情。
同様に危機に瀕した虫が多い中、蝶はその美しさゆえに得をしている様だ。
b0033112_2381759.jpg

■オオルリシジミ♀(2008/5長野県)
オオルリシジミ♂の翅の表側はシンプルなブルーだが、♀の翅の表側には裏側と似た黒点があり区別は容易。

b0033112_23101564.jpg

↑♂

b0033112_23135877.jpg

↑羽化間もない♂に、誤って交尾を迫る♂

b0033112_2385578.jpg

■オオルリシジミ交尾(2008/5長野県)
今年は若干発生時期が早かった様で、ちょうど♀の羽化と交尾・産卵のピークに遭遇できた様だ。

b0033112_2311129.jpg

↑産卵

b0033112_23123692.jpg

↑羽化不全♀とのカップル。無事に産卵できればよいが。

→ホームページ
by issun_no_mushi | 2008-06-03 23:14 | 鱗翅目・蝶