人気ブログランキング |

一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ショウリョウバッタモドキ

千葉の副産物を続ける。今回は直翅系。
直翅目と言えば、バッタ、コオロギ、キリギリス、カマドウマに加え、カマキリ、ナナフシ、ゴキブリ等も含んでいたと思っていたが、いつの間にかバッタ、コオロギ、キリギリス、カマドウマだけを指す様になったらしい。

b0033112_20403715.jpg

b0033112_20411421.jpg

◆ショウリョウバッタモドキ(2009/10 千葉)
ショウリョウバッタモドキとは、ショウリョウバッタに似ているが異なるという意味の和名。
動植物の和名には、~モドキ、~ダマシ、ニセ~などという名称は多い。
失礼な気もするが、後から認識されたか、数が希少な種が「モドキ」となる宿命にある様だ。

b0033112_2133929.jpg

↑ショウリョウバッタモドキ(神奈川産)

b0033112_2151422.jpg

↑ショウリョウバッタモドキ(静岡産)

b0033112_2051697.jpg

↑ショウリョウバッタ♂
♂は♀の半分程度の大きさでよく飛ぶ。
キチキチバッタという俗称の由来は、飛ぶ時の音からきている。

b0033112_20545539.jpg

↑ショウリョウバッタ♀
コメツキバッタという俗称の由来は、こう持つと米をつく様に上下に動くことからきたらしい。

b0033112_2184574.jpg

↑ショウリョウバッタ♀ 茶色型

b0033112_20472992.jpg

↑オンブバッタ♀
オンブバッタも似ていなくもない。
♂が♀におんぶすることから付いた和名だが、その生態はバッタの仲間に共通する。

b0033112_2123367.jpg

↑オンブバッタのペア(緑同士)

b0033112_21104425.jpg

↑オンブバッタのペア(茶♂と緑♀)

b0033112_21124277.jpg

↑オンブバッタのペア(緑♂と茶♀)

b0033112_20415362.jpg

◆ニホントビナナフシ(同上)
九州以北では♀だけで単性生殖する。
大半のナナフシは翅が退化しているが、本種は翅をもつ。
この個体は前脚を失っている様だった。

b0033112_21163614.jpg

b0033112_21174382.jpg

↑ニホントビナナフシ(神奈川産)

b0033112_2114937.jpg

↑シラキトビナナフシ(東京産)


→ホームページ
by issun_no_mushi | 2009-10-28 21:18 | 直翅目(バッタ)

宝石虫

千葉遠征の副産物として歩く宝石の様な昆虫にも遭遇した。
彼らは保護色を選ばずに、逆に目立つ戦略で進化したらしい。
b0033112_2049574.jpg

b0033112_20513835.jpg

◆ハンミョウ(2009/10 千葉)
ハンミョウの種類は多いが、中でもナミハンミョウの美しさは格別だ。
林道などで会うと、人前を案内するかの様に少しずつ飛んで進むのでミチオシエの俗称を持つ。
b0033112_20521248.jpg

↑巣から覗くハンミョウ幼虫(2009/9 長野)
巣穴の近くを通る虫を襲って喰う。
b0033112_20595584.jpg

↑幼虫の巣穴。周囲に襲われた虫の残骸が残る。
幼虫は振動などに敏感で、人気を察して奥に隠れている。
b0033112_20532711.jpg

↑ミヤマハンミョウ(2009/8 山梨)
大半の種のハンミョウはこの様に地味だ。
b0033112_20543946.jpg

↑ミヤマハンミョウ(2009/9 長野)
捕食した際に反撃されたらしく、触角に噛み付いた蟻の頭が残っていた。

b0033112_20502696.jpg

b0033112_20505795.jpg

◆オオキンカメムシ(2009/10 千葉)
冬に千葉で集団越冬することが知られるキンカメムシの仲間。
大きさも飛び方もまるでカナブン並。

→ハンミョウ2006
→ハンミョウ2008

→ホームページ
by issun_no_mushi | 2009-10-21 21:08 | 鞘翅目(甲虫)

ルーミスシジミ

ルーミスシジミのリベンジに久々千葉に赴いた。
この蝶は千葉および近畿以西の南岸に局所的に分布する環境省の絶滅危惧Ⅱ類。
奈良県では天然記念物に指定されたものの、伊勢湾台風後の消毒が原因で姿を消したとか。
今回は油断してヤマビルに1ヶ所加害された。
b0033112_23345193.jpg

b0033112_23352072.jpg

b0033112_23353852.jpg

◆ルーミスシジミ(2009/10 千葉)
この小型のシジミは明治に宣教師ヘンリー・ルーミス氏が千葉で発見し、友人プライヤー氏が命名したらしい。
この蝶で、ようやく邦蝶の撮影200種目となった。
翅表の模様はムラサキシジミ♀とそっくりだが、青い鱗粉の色がやや水色っぽい。

b0033112_2336432.jpg

◆ムラサキツバメ(同上)
同地では大型のムラサキツバメ、中型のムラサキシジミも棲息し、ルックスのよく似た相似形の3種に出会えた。

b0033112_23362998.jpg

b0033112_23403562.jpg

↑ムラサキシジミ(2009年10月中旬・千葉)

ムラサキシジミやムラサキツバメの翅表はこちら↓
→ムラサキツバメ・ムラサキシジミ2008

→ホームページ
by issun_no_mushi | 2009-10-15 23:40 | 鱗翅目・蝶

クロウスタビガ・ムラサキシタバ

今年は蝶に集中していたが、真神ゆさんらと久しぶりに蛾撮りに出かけた。
現地ではMatszさんとも合流できた。
目標は旬のクロウスタビガとムラサキシタバ。
満月という悪条件ながら今年も両種に会えたが、同時に両種に会えたのは初めてだ。
b0033112_20455587.jpg

b0033112_21271368.jpg

b0033112_21272551.jpg

b0033112_21273830.jpg

◆名月とクロウスタビガ♂(2009/10 山梨)
今年はあちこちで早目に出現している様子だったので、例年より早く出かけ、♂10頭に会えた。

b0033112_21261572.jpg

b0033112_21263046.jpg

b0033112_21264118.jpg

クロウスタビ♂8頭、クスサン♀3頭が来た段階で、普通なら大量に見られるはずのヒメヤママユが全く現れずに、???状態だったが、遅れてようやく数頭の♂♀が飛来。
クロウスタビを放置して、「貴重な」ヒメヤママユを撮ったのは初めてだ(笑

b0033112_20461523.jpg

b0033112_2128411.jpg

b0033112_21282356.jpg

b0033112_21284187.jpg

b0033112_2129146.jpg

b0033112_2121887.jpg

b0033112_21291934.jpg

◆ムラサキシタバ(同上)
現地では既に発生後数日を経ていた模様だが、この日のべ3頭に会えた。

b0033112_21295527.jpg

b0033112_2130939.jpg

b0033112_2130241.jpg

シロシタバも2頭来ていたが、通年なら出会うベニシタバは見られなかった。

→クロウスタビガ2008
→クロウスタビガ2007
→クロウスタビガ2006
→ムラサキシタバ2008
→ムラサキシタバ2007
→ムラサキシタバ2006

野蚕図鑑

→ホームページ
by issun_no_mushi | 2009-10-07 21:30 | 鱗翅目・蛾・野蚕