人気ブログランキング |

一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

イボタガ・エゾヨツメ

春は大型蛾が現れる時期でもある。
オオシモフリスズメを始めとしたスズメガや、野蚕(ヤママユガ科)の仲間等が夜間に舞う。

今年は各地からエゾヨツメの出現が遅めとは聞いていたが、5月の初見は確かに遅い。

b0033112_2352378.jpg

b0033112_23532427.jpg

b0033112_2354564.jpg

◆イボタガ(山梨5月)
日本では1科1種のイボタガは、幼虫がイボタ等を食すことからこの名がある。
翅の模様は何度見てもシックで美しい。

b0033112_23542752.jpg

b0033112_23544091.jpg

b0033112_2355560.jpg

◆エゾヨツメ♂(同上)
日本のヤママユガ科の中で、唯一春に成虫が羽化する。
4つの眼状紋からこの名があるが、後翅の青い眼状紋は角度によって鮮やかで美しい。

→イボタガ・エゾヨツメ2010
→エゾヨツメ2007
→イボタガ2007
→エゾヨツメ2006
→イボタガ2006

→野蚕図鑑

→ホームページ
by issun_no_mushi | 2011-05-25 23:56 | 鱗翅目・蛾・野蚕

ウスバシロチョウ・アオスジアゲハ

春が進むと、アゲハチョウ科が姿を現す。
ウスバシロチョウ、アオスジアゲハをはじめ、ナミアゲハ、キアゲハ、クロアゲハ、オナガアゲハ、カラスアゲハ、ジャコウアゲハ、ホソオチョウ等を確認したが、滅多に静止せず、大人しく被写体になってくれない種が多い。
b0033112_20585996.jpg
b0033112_20592854.jpg

b0033112_210277.jpg

◆ウスバシロチョウ(東京5月)
シロチョウの名をもつがアゲハチョウ科。別名ウスバアゲハといい、その方がより正確なのだろうが、長年使われてきたウスバシロチョウという和名の方が通る。
派手な種が多いアゲハチョウ科らしからぬルックスが清楚だ。

日本には3種のパルナシウス(Parnassius:アゲハチョウ科ウスバアゲハ亜科ウスバアゲハ族ウスバアゲハ属)が棲息するが、この種は本州で会える唯一のパルナシウス。
他の2種(ヒメウスバシロチョウウスバキチョウ)はいずれも北海道特産種。

→ウスバシロチョウ2009
→ウスバシロチョウ2008
→ウスバシロチョウ2007
→ウスバシロチョウ2006
→ウスバシロチョウ2005

b0033112_2112261.jpg

b0033112_2121457.jpg

b0033112_2122819.jpg

◆アオスジアゲハ(神奈川5月)
素早く飛ぶアゲハチョウで、子供の頃は採集できずに悔しい
思いをしたものだ。暑い日の吸水中なら接近も容易だ。

b0033112_21175427.jpg

↑ナミアゲハ(神奈川4月)

b0033112_21183020.jpg

↑キアゲハ(山梨4月)

b0033112_21185610.jpg

↑ホソオチョウ♂(山梨4月)

b0033112_21194133.jpg

↑ホソオチョウ♀(山梨4月)

b0033112_21212869.jpg

↑ホソオチョウ交尾(山梨4月)


→ホームページ
by issun_no_mushi | 2011-05-18 21:02 | 鱗翅目・蝶

ギンイチモンジセセリ・ミヤマチャバネセセリ

セセリチョウの仲間はけっこう寒がりなのか、スプリングエフェメラルのミヤマセセリを除いて、他科の蝶に比べて出現時期は遅く感じる。

ようやく2番手として現れるのはギンイチモンジセセリとミヤマチャバネセセリの2種だが、最近は棲息環境がどんどん狭くなっている。
b0033112_21325478.jpg

b0033112_21332241.jpg

◆ギンイチモンジセセリ(神奈川5月)
春型は後翅裏に銀色の太筋があることからこの和名がある。夏型は筋の色が地味になり目立たなくなる。
他のセセリチョウに比べて、飛び方がバタバタと不器用に見える。
最近、見かける個体数が極端に減っているのが気になる。

b0033112_21432343.jpg

↑ヤガ科のタイワンキシタアツバ(同上)
色合いといい、バタバタとした飛び方といい、ギンイチモンジセセリと紛らわしかった。

b0033112_2134450.jpg

◆ミヤマチャバネセセリ交尾(同上)
和名に深山(ミヤマ)と付くが、平地で見かけることが多い。
後翅裏中央の白点が特徴。このペアは目前で求愛し、交尾に至った。
b0033112_2135456.jpg

↑テリトリを見張る個体(同上)
b0033112_2137392.jpg

↑羽化間もないと思われる個体(同上)

→ミヤマチャバネセセリ2010
→ギンイチモンジセセリ・ミヤマチャバネセセリ2009
→ミヤマチャバネセセリ2009
→ミヤマチャバネセセリ2007
→ギンイチモンジセセリ・ミヤマチャバネセセリ2006
→ギンイチモンジセセリ・ミヤマチャバネセセリ2005

→セセリチョウ図鑑

→ホームページ
by issun_no_mushi | 2011-05-11 21:39 | 鱗翅目・蝶

ツマキチョウ

春羽化の蝶の中には、年1化の種も多い。シロチョウ科のツマキチョウもその1種。
前翅端が尖っているのがこの種の特徴で、♂の前翅端が黄色いことが和名の由来。
本来ならツマキシロチョウというべきだろう。モンシロチョウより小さく、直線的に飛ぶ。

高山蝶クモマツマキチョウは、♂の翅端が黄色い点はツマキチョウと同じだが、翅の先端は尖らない。

b0033112_13241519.jpg

◆ツマキチョウ♂(神奈川4月)
♂は和名の由来である前翅端の黄色い斑紋が目立つ。
♀を探して飛び回り、なかなか止まらない。
b0033112_13301722.jpg

b0033112_13411975.jpg

↑別個体♂の吸蜜

b0033112_13245097.jpg

b0033112_148208.jpg

◆ツマキチョウ♀産卵(山梨4月)
♀の前翅端は黄色くない。食草のアブラナ科のハタザオに1つづつ産卵していた。
来春には子孫に会いたいものだ。
b0033112_13311520.jpg

b0033112_13314599.jpg

↑♀の休憩。後翅裏は迷彩の様な模様があり、翅を畳むと目立たなくなる。

→ツマキチョウ2010


→ホームページ
by issun_no_mushi | 2011-05-06 13:51 | 鱗翅目・蝶