人気ブログランキング |

一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

クロアゲハ

日本のアゲハチョウ科は21種。その内訳は以下の通り。

・ウスバシロチョウ亜科6種 ウスバシロチョウ族 ウスバシロチョウ属3種
                                ウスバシロチョウ
                                ヒメウスバシロチョウ
                                ウスバキチョウ
                  タイスアゲハ族   ギフチョウ属2種
                                ギフチョウ
                                ヒメギフチョウ
                              ホソオチョウ属1種
                                ホソオチョウ
・アゲハチョウ亜科15種   キシタアゲハ族   ジャコウアゲハ属1種
                                ジャコウアゲハ
                              ベニモンアゲハ属1種
                                ベニモンアゲハ
                 アオスジアゲハ族  アオスジアゲハ属2種
                                アオスジアゲハ
                                ミカドアゲハ
                 アゲハチョウ族   アゲハチョウ属11種
                                ナミアゲハ
                                キアゲハ
                                クロアゲハ(下
                                オナガアゲハ
                                モンキアゲハ
                                ナガサキアゲハ
                                シロオビアゲハ
                                カラスアゲハ
                                オキナワカラスアゲハ(既見なるも未撮影)
                                ヤエヤマカラスアゲハ
                                ミヤマカラスアゲハ

アゲハチョウ族は多数派で11種を占め、ナミアゲハとキアゲハを除くと黒系アゲハばかり。
ナミアゲハも稀に色彩変異で真っ黒の個体が現れるらしい。

蝶の家紋が平家によく使われたのは有名だが、その流れで織田信長も揚羽蝶紋を用いている。
b0033112_20433850.jpg

b0033112_20442699.jpg

b0033112_20445377.jpg

◆クロアゲハ(神奈川9月)
ナミアゲハ、キアゲハ等と並ぶアゲハチョウ族の代表。
南方では尾状突起消失や赤紋増大等の変異が出る。
b0033112_20462198.jpg


◆ミヤマカラスアゲハ♂(同上)
北海道~九州に分布するが奄美以南には棲息しない。
意外にも、千葉県だけは分布していないらしい。

b0033112_20471645.jpg

↑カラスアゲハ(同上)

b0033112_20474883.jpg

↑ナガサキアゲハ♂(同上)

b0033112_20491064.jpg

↑ナガサキアゲハ♀(長崎9月)

b0033112_20513982.jpg

↑ナミアゲハ(神奈川4月)

b0033112_20535257.jpg

↑キアゲハ(神奈川4月)

b0033112_212282.jpg

↑アオスジアゲハ(神奈川5月)

→ホームページ 
by issun_no_mushi | 2011-09-28 21:03 | 鱗翅目・蝶

ミヤマシジミ・シルビアシジミ

シジミチョウの仲間は日本に75種ほどいる。
シジミチョウ亜科ヒメシジミ族はその半数に近い32種を占める。
本州以南では勝ち組とも言えるヤマトシジミや北海道や東北では普通種のヒメシジミも、分布が局所的なシルビアシジミやミヤマシジミも、先に載せたクロツバメシジミもタイワンツバメシジミも、皆ヒメシジミ族の一員だ。
b0033112_2251489.jpg

b0033112_2265397.jpg

◆ミヤマシジミ♂(静岡9月)
アサマシジミヒメシジミに似るが、後翅裏縁の黒斑内に明確な青色が出ることで区別できる。

b0033112_2272270.jpg

↑擦れたミヤマシジミ♀(同上)

b0033112_2285842.jpg

◆シルビアシジミ産卵(長崎9月)
ヤマトシジミに似る。ミヤコグサに産卵していた。

b0033112_2294447.jpg

↑ボロのシルビアシジミ♂(同上)

b0033112_2211497.jpg

↑シルビアシジミと同じポイントに混生しているヤマトシジミ。
 カタバミに産卵中。(同上)

b0033112_22132239.jpg

↑シルビアシジミの食草であるミヤコグサで吸蜜するヤマトシジミ(同上)


→ホームページ
by issun_no_mushi | 2011-09-21 22:15 | 鱗翅目・蝶

タイワンツバメシジミ

9月に入った途端に台風の洗礼を受け、日程変更を余儀なくされつつ、タイワンツバメシジミに会いに九州まで飛んだ。
日程変更の甲斐あって、現地ではほぼ天候に恵まれ、半日だったがashさんご夫婦ともコラボ出来た。

b0033112_2151843.jpg

b0033112_2155432.jpg

◆タイワンツバメシジミ♂(長崎9月)
ツバメシジミに似ているが、ツバメシジミに比べて小型で、尾状突起が長く、後翅裏の黒点が少ない代わりに大き目で目立つ。
現地では保護活動を行っていた。
同種で撮影済の蝶は232種となった。

b0033112_2162367.jpg

↑タイワンツバメシジミの幼虫はシバハギの花を喰う。

b0033112_224885.jpg

↑♀の産卵
長い和名の為、略して「タイツ」もしくは「ワンツ」と呼ばれている。

b0033112_22124728.jpg

↑同じポイントに混生していたツバメシジミ♂(同上)
 タイワンツバメシジミと比較するとひと回り大きい。

b0033112_2172530.jpg

◆クロツバメシジミ交尾(同上)
 略して「クロツ」と呼ばれている。

b0033112_2251779.jpg

b0033112_2253366.jpg

b0033112_226749.jpg

↑九州特産の朝鮮半島亜種。いわゆるウミクロツ。

b0033112_21261789.jpg

↑食餌のタイトゴメに産卵する♀

→クロツバメシジミ(東日本亜種)

→ホームページ
by issun_no_mushi | 2011-09-14 21:28 | 鱗翅目・蝶

マメハンミョウ、ヤマトタマムシ

昆虫はそれぞれの方法で護身を図っている。
ヤマトタマムシはそのメタリックな外見によって、金属光沢を嫌う鳥から身を守っている。
マメハンミョウやツチハンミョウは、体内に毒成分カンタリジンを持つことで身を守っている。
b0033112_173353.jpg

b0033112_1741325.jpg

b0033112_175568.jpg

◆マメハンミョウ(神奈川8月)
名前に「ハンミョウ」と付くがハンミョウ科ではなく、ツチハンミョウ科。
ツチハンミョウ同様に毒成分のカンタリジンをもつ。
東北産は前翅の白線が消える。

b0033112_1763310.jpg

b0033112_1765757.jpg

◆ヤマトタマムシ(同上)
玉虫厨子で有名。
美しい外見は、人間の関心を呼び易く、護身方法としては逆効果だ。


→ホームページ
by issun_no_mushi | 2011-09-07 17:07 | 鞘翅目(甲虫)