人気ブログランキング |

一寸の虫にも五分の魂

issun.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

迎春 2013

b0033112_21575670.jpg

旧年中は大変お世話になりました。
2013年もよろしくお願い致します。

2013年は巳歳。蛇の年。
ヘビの名がつく虫を考えましたが、なかなか難しいです。
毎年のことですが(笑)
b0033112_2159526.jpg

結局、昨正月に予想した通り、「ヘビトンボ」(英名:Dobson fly)に登場頂くことになりました。
ヘビトンボ(Protohermes grandis)はアミメカゲロウ上科ヘビトンボ目(資料によってはアミメカゲロウ目)ヘビトンボ科の昆虫です。
トンボを連想する2対の翅と、大顎で噛み付くことから、蛇蜻蛉の和名になった様です。
b0033112_2210375.jpg

初めて実物に会った時、トンボの要領で翅をつかんだにもかかわらず、しっかり首をまわして噛みつかれました。
まさにヘビの名に恥じません(笑)
b0033112_2211341.jpg

その外見は、初めて翅をもった昆虫といわれる化石のムカシアミバネムシや、アニメ映画「風の谷のナウシカ」に登場する虫たちを彷彿とさせます。(リンクフリー確認済)
b0033112_22113462.jpg

幼虫はトンボの幼虫(ヤゴ)同様、水棲で清流を好み大顎で他の虫や小動物を食餌とします。
子供時分にバイブルにしていた当時の小学館の昆虫図鑑に、幼虫は孫太郎虫と呼ばれ、疳の薬に使われたと串刺の図が載っていたのが今でも目に浮かびます。
蛹はゲンジボタルの様に岸に上がって土中などにいて、蛹であるにもかかわらず噛み付くとか。

一寸の虫にも五分の魂。
知れば知るほど興味は尽きません。

2013年の皆様のご多幸と虫運を祈ります。

2014年の干支はウマか・・・(汗)


2013/1/6追記
<ヘビトンボ図鑑>
日本のヘビトンボ科は下記の2亜科3属8種とか。(参考「日本産水生昆虫」東海大学出版会)

クロスジヘビトンボ亜科
 モンヘビトンボ属
  ●モンヘビトンボ(Neochauliodes sinensis)対馬、石垣島、西表島
  ●ヤエヤマヘビトンボ(Neochauliodes azumai)石垣島・西表島固有
 クロスジヘビトンボ属
  ●ヤマトクロスジヘビトンボ(Parachauliodes japonicus)本州、四国、九州、奄美、沖縄本島、石垣島、西表島
  ●タイリククロスジヘビトンボ(Parachauliodes continentalis)本州、四国、九州、対馬
  ○ヤンバルヘビトンボ(Parachauliodes yanbaru)沖縄本島固有
ヘビトンボ亜科
 ヘビトンボ属
  ●ヘビトンボ(Protohermes grandis)日本全国
  ○アマミヘビトンボ(Protohermes immaculatus)奄美大島、徳之島、久米島
  ●ミナミヘビトンボ(Protohermes sp.)石垣島・西表島固有

その内、未見2種(ヤンバルヘビトンボ、アマミヘビトンボ)を除く6種を掲載する。(ヘビトンボは上記画像を参照)
b0033112_15502421.jpg

↑モンヘビトンボ(Neochauliodes sinensis)石垣島産
b0033112_1550415.jpg

↑ヤエヤマヘビトンボ(Neochauliodes azumai)西表島産
モンヘビトンボに似るが斑紋が少ない。稀種。
b0033112_15563484.jpg

↑ヤマトクロスジヘビトンボ(Parachauliodes japonicus)本州産
b0033112_15572932.jpg

↑タイリククロスジヘビトンボ(Parachauliodes continentalis)本州産
b0033112_15511795.jpg

↑ミナミヘビトンボ(Protohermes sp.)西表島産
ヘビトンボの小型版。台湾等に棲息するヒメヘビトンボの近縁種。

アミメカゲロウ目つながりで・・・
<ツノトンボ図鑑>を(笑)

日本のツノトンボ科は4属4種とされているが、蛾LOVEさん筋の新しい情報では、オキナワツノトンボとは別にヤエヤマツノトンボが新種として提唱されたとか。
5種とも撮れているので下記に掲載する。
b0033112_21354477.jpg

b0033112_2136467.jpg

↑キバネツノトンボ本州産(Libelloides ramburi)上♂、下♀。本州、九州に棲息。
b0033112_21372316.jpg

b0033112_21374271.jpg

b0033112_21375585.jpg

b0033112_2138847.jpg

↑ツノトンボ本州産(Hybris subjacens)上から♂、♀、卵、幼虫。本州、四国、九州に棲息。
b0033112_21385798.jpg

b0033112_2139760.jpg

↑オオツノトンボ本州産(Protidricerus japonicus)♀。 本州、四国、九州に棲息。
b0033112_21394771.jpg

b0033112_21322061.jpg

↑オキナワツノトンボ石垣島産(Suphalomitus okinawensis)上♂、下♀。沖縄、八重山に棲息。
b0033112_2140318.jpg

b0033112_21404887.jpg

b0033112_2141331.jpg

↑ヤエヤマツノトンボ西表島産(Suhpalacsa iriomotensis)上♂、中♀、下♀。八重山に棲息。
オキナワツノトンボに似るが翅の形状が異なる。また、数頭観察した限りでは、オキナワツノトンボの触角端は黒だが、ヤエヤマツノトンボの触角端は黄色っぽい。

→蛾LOVEさんが新設した「日本産角蜻蛉図鑑」(2013/1/9追記)

→カマキリモドキ(アミメカゲロウ目カマキリモドキ科)

→ホームページ
by issun_no_mushi | 2012-12-31 22:18 | その他

ナカジマフユエダシャク・ウスオビフユエダシャク

年の瀬も押し詰まった。順序が前後するが12月初に会ったフユシャクを貼る。
フユエダシャク亜科Larerannis属4種の内、3種は山地性。その内、画像の2種は11月末が旬。
ナカジマフユエダシャクは関東・中部以西に分布し、ウスオビフユエダシャクは関東・中部以東に分布する。
この2種は同一日に山梨県の異なる地点で出会ったが、これまで同一地点では会えたことがない。

b0033112_2374197.jpg

◆ナカジマフユエダシャク♂ (12月 山梨)
フユシャクの権威である中島秀雄先生の名を冠したフユシャク。
関東・中部以西に分布。山地性。食餌はニレ科。
b0033112_2382223.jpg

◆ウスオビフユエダシャク♂ (同上)
関東・中部以東に分布。山地性。食餌はカバノキ科、ブナ科。


<おまけ>
b0033112_23201776.jpg

↑ツチイナゴ(12/29 神奈川)
 ちょっと立ち寄った地元の林。足元で跳ねたのはツチイナゴ。越冬中を驚かしちゃったかな。
無事な越冬を祈ります。

皆様も良いお年をお迎え下さい。

→フユシャク図鑑

→ホームページ
by issun_no_mushi | 2012-12-29 23:34 | 鱗翅目・蛾・冬尺

ユキムカエフユシャク

ホワイトクリスマスに因んで(?)「雪迎え」という風流な和名を持つフユシャクを載せる。
フユシャク亜科Alsophila属のユキムカエフユシャクは、同属のシロオビフユシャクと混同されていたが、1989年に新種として分離した。

b0033112_2212268.jpg

b0033112_22141231.jpg

b0033112_22144648.jpg

b0033112_22151014.jpg

b0033112_22155271.jpg

◆ユキムカエフユシャク♂ (12月 埼玉)
山地性の種だが、埼玉の一部では平地に棲息する。ハンノキ属喰い。
ユキムカエフユシャクの方が翅が白っぽく、外横線の白帯がほとんど曲がらない。

b0033112_22161878.jpg

b0033112_2216585.jpg

b0033112_22172888.jpg

b0033112_22181843.jpg

b0033112_22214169.jpg

◆シロオビフユシャク♂ (同上)
日本全国。11~1月。広食性。外横線白帯が曲がる。

b0033112_22202746.jpg

↑シロオビフユシャク♂ (12月 山梨)
今年の出会い初めは例年より遅く、山梨県の高地で12/1だった。


→フユシャク図鑑

→ホームページ
by issun_no_mushi | 2012-12-26 22:23 | 鱗翅目・蛾・冬尺

ヤマウスバフユシャク

晩秋まではフユシャクの中でもエダシャク亜科やナミシャク亜科が主流だったが、寒くなってくると、正真正銘のフユシャクとも言えるフユシャク亜科が出てくる。
今季、久々、マイナス2度の林内を飛ぶヤマウスバフユシャク♂に会えた。
b0033112_22472423.jpg

b0033112_22483288.jpg

b0033112_2248594.jpg

b0033112_22493115.jpg

◆ヤマウスバフユシャク(Inurois nikkoensis)♂ (11月末 長野)
北海道、本州(中部以北)の山地に分布。11月中~12月初頃に出現し、短期間で姿を消す。画像はいずれも別個体。

ヤマウスバフユシャク♂は、ウスバフユシャク♂に比べて大きく、前翅は淡褐色~黄褐色(後者は茶褐色)で、翅頂部が淡黄色。(学研「日本産蛾類標準図鑑」)
また、外横線と内横線がやや幅広い。(築地書房「冬尺蛾」:種分離前のウスバフユシャク山地型の記述)
なかなか判り難いが、典型的な実物に会うと納得する。

両種の交尾器の差は微妙とのこと。同一ポイントに混生し成虫の発生時期も重複するので、異種交配が生じないのだろうか。雑種が出来たら特徴も微妙になるし、そもそも種の独立性が保てない。
触角の節数でも同定できるらしいが、判断基準に幅がある様だし、そもそも写真だけでは判断できない(笑)


b0033112_22531542.jpg

◆ウスバフユシャク(Inurois fletcheri)♂ (12月中 埼玉)
代表的なフユシャクであり、フユシャク亜科の代名詞とも言える超普通種のフユシャク。
広食性。日本全国の平地~山地まで分布。平地では12~1月。フタスジフユシャクに似る。

b0033112_22541390.jpg

↑ウスバフユシャク交尾 (12月中 埼玉)

b0033112_22555210.jpg

↑ウスバフユシャク♀ (12月中 埼玉)
Inurois属の♀は外見では同定困難なので、交尾にて同定。

b0033112_22575131.jpg

b0033112_23332013.jpg

↑クロテンフユシャク(Inurois membranaria)♂ (11月末 長野/12月初 山梨)
ウスバフユシャクに似るが、外横線が横脈紋付近で「く」型に折れることが同定ポイント。超普通種。日本全国の平地~山地まで分布。

b0033112_22581376.jpg

b0033112_23352810.jpg

↑ウスモンフユシャク(Inurois fumosa)♂ (11月末 長野/12月初 山梨)
ウスバフユシャクに似るが、紋が薄いことが同定ポイント。超普通種。日本全国の平地~山地まで分布。


→ヤマウスバフユシャク2008

→フユシャク図鑑

→ホームページ
by issun_no_mushi | 2012-12-19 23:20 | 鱗翅目・蛾・冬尺

雪虫・クヌギカメムシ

冬の間はフユシャクの追っかけをしている為、蝶が消えても表紙は鱗翅目中心になり勝ち。
日本原色カメムシ図鑑の第3巻が出たからと言う訳ではないが、この辺で半翅目を選択する。
数年通っている山梨県のクヌギ林で、今年もクヌギカメムシ群の産卵を確認した。
b0033112_22305641.jpg

b0033112_22313915.jpg

◆雪虫 (12月 山梨)
雪虫とは、初冬の頃、綿の様な蝋物質をまとって飛ぶトドノネオオワタムシ等のアブラムシの総称。
白い小虫が複数飛ぶ風景を雪に例えた名称だろうが、日本人らしい風流な表現だと思う。
b0033112_22301998.jpg

b0033112_22322762.jpg

b0033112_22331818.jpg

◆クヌギカメムシ産卵 (12月 山梨)
クヌギカメムシ科クヌギカメムシ亜科クヌギカメムシ属は日本に3種いるが、画像はクヌギカメムシ。
クヌギの幹で多数が交尾・産卵していた。
b0033112_22343950.jpg

b0033112_22345534.jpg

↑クヌギカメムシ交尾
腹部の気門が黒いのがクヌギカメムシの特徴。
他の2種は気門が黒くなく、♂の生殖器の形状でサジクヌギカメムシかヘラクヌギカメムシかを見分けることになる。ヘラは地元にいるが、サジは未見。

以下、この秋に会った半翅目を紹介する。
b0033112_2364274.jpg

↑ツマグロオオヨコバイ(ヨコバイ科)弱々しい虫だが成虫で越冬する。
b0033112_2314565.jpg

↑カシノアカカイガラムシ(ないし近種)♀
かつてはワタフキカイガラムシ科だったが最近独立した模様。新しい科名は未定らしい。
b0033112_22354683.jpg

↑ヨツモンカメムシ(クヌギカメムシ科)
ニレ科等の樹上で生活する為、普段あまり見ないが、フユシャク探索の頃にあちこちで見かける。
b0033112_22363697.jpg

↑ナシカメムシ(クヌギカメムシ科)
b0033112_22475123.jpg

↑アシアカカメムシ(カメムシ科)山地性のカメムシ
b0033112_2255433.jpg

↑チャバネアオカメムシ(カメムシ科)
b0033112_2343546.jpg

↑スコットカメムシ(カメムシ科)
b0033112_2351176.jpg

↑ツマジロカメムシ(カメムシ科)
b0033112_23171941.jpg

↑ツヤアオカメムシ(カメムシ科)
b0033112_2257218.jpg

↑キバラヘリカメムシ(ヘリカメムシ科)
b0033112_22574523.jpg

↑アカヘリナガカメムシ(ナガカメムシ科)
b0033112_22585489.jpg

↑アカスジキンカメムシ5齢幼虫(キンカメムシ科)5齢で越冬する
b0033112_2302770.jpg

↑ヤニサシガメ5齢幼虫(サシガメ科)5齢で越冬する
b0033112_2312932.jpg

↑ヨコヅナサシガメ5齢幼虫(サシガメ科)5齢で越冬する。北上著しい種。
b0033112_2315361.jpg

↑ハラビロマキバサシガメ(マキバサシガメ科)翅が短いがこれでも成虫
b0033112_2315509.jpg

↑オオチャイロカスミガメ(カスミガメ科)


→クヌギカメムシ産卵2010

→キンカメムシ図鑑

→ホームページ
by issun_no_mushi | 2012-12-12 23:18 | 半翅目(蝉・亀虫)

オオチャバネフユエダシャク

山地性・晩秋型・エダシャク亜科のフユシャクの典型と言えばオオチャバネフユエダシャク。
平地でも会えるチャバネフユエダシャクによく似ているが、こちらは山地のみに分布し、本州中部では11月頃現れて姿を消す。
両種の♀は外見だけでは同定が困難。
b0033112_2318895.jpg

b0033112_23183527.jpg

b0033112_23194867.jpg

◆オオチャバネフユエダシャク♂(11月 山梨)
シャクガ科エダシャク亜科のフユシャク。食餌はマツ科。山地性。11月頃出現する大きめのフユシャク。

b0033112_23204519.jpg

b0033112_232131100.jpg

◆Erannis ♀(11月 長野)
spaticaさんが見つけた、Erannis属の♀(愛称ホルスタイン:笑)
カラマツ林にいた上、同地で複数♂が確認されたオオチャバネフユエダシャクの可能性が高い。

b0033112_23542452.jpg

↑チャバネフユエダシャク♂(上)とオオチャバネフユエダシャク♂(下) (11月 山梨)
サイズはほぼ同じ。オオチャバネフユエダシャクは外横線が大きく外側に曲がる。
色彩の濃度は両種とも個体差が多い。


→フユシャク図鑑

→ホームページ
by issun_no_mushi | 2012-12-05 23:57 | 鱗翅目・蛾・冬尺